Huawei Y6(2018 model)はメモリー2GB、5.7インチディスプレイのローエンドモデルとして発売予定

投稿日:

Pocket

まさかHuaweiがこのタイミングでメモリー2GBモデルを出してくるとは思いませんでした。中国やインドのボリュームゾーンに向けてのことでしょう。

SocにはSnapdragonの450が搭載予定でメインカメラはデュアルレンズ、フロントカメラには顔認証を搭載。画面サイズは5.7インチの縦長ディスプレイで解像度はHD +(1440 x 720)となります。画面サイズを一回り小さくしたHonor7Cの廉価版といった位置づけです。

あまり安物のイメージがついてしまうと、いくら性能で差別化を図ってもP20 Proの様な端末が売れなくなる気がしています。Huawei自体は素晴らしいメーカーなので、ブランドイメージを大切にして欲しいですね。

合わせて読みたい記事はコチラ

情報を深堀したい人はココから検索

オススメSIMフリースマートフォンBEST3

Galaxy S10+

『自社開発したスーパー有機ELを採用した最高のディスプレイ』『Exynos 9820を搭載することにより実現した最高の処理速度』『トリプルレンズにSamsungの最新センサー及びソフトウェアが組み込まれカメラ画質は世界最高レベル』。全てにおいて最高のスペックを実現している『Galaxy S』シリーズの最新モデル。非の打ちどころがありません。

Xiaomi Mi 9

Snapdragon855を搭載するXiaomiブランドの代表的なフラッグシップモデル。トリプルレンズに進化したカメラはF値の変更が可能となり、これまで以上に最高の画質を追求することが可能に。有機ELディスプレはダークモードに対応し、省電力とクールな見た目を実現します。性能だけじゃなく見た目も最高。これまでに見た事が無い美しさ。

Xiaomi Pocophone F1

最高性能のSocであるSnapdragon845を搭載するコストパフォーマンス世界一のスマートフォン。同じ価格帯でここまで性能の高いモデルは他に無いと断言できます。アップデートにより進化をし続けているのもこの端末の大きな特徴。ゲームをするにも写真を撮るにも最高の一台です。

Copyright© ハイパーガジェット通信 , 2019 All Rights Reserved.