ZTE、Androidのライセンス剥奪の危機か

投稿日:

アメリカのの制裁より『クアルコム』との取引を7年間禁止されたスマートフォンメーカー大手の『ZTE』。ZTEはこれまでにクアルコムとの取引で5億ドル近い売り上げを計上しているだけに、今回の制裁はクアルコムにとっても大きな打撃となるのは間違いない。

さらにクアルコムとの取引停止に止まらず、googleの親会社であるAlphabetがAndroidのライセンスに対して利用料をかけるか、Mobile Application Distribution Agreement(端末メーカーと交わしている合意書)自体を白紙に戻し、PLAY STOREへのアクセスを禁止する可能性まであるというから驚きだ。

こういったことは今後他のメーカーに波及する可能性もあり、中国にとって大きな不安の種となってしまった。

合わせて読みたい関連記事はコチラ

オススメSIMフリースマートフォンBEST3

HUAWEI nova lite 3

Socに最新のKirin710を搭載しつつリーズナブルな価格設定を実現。しずく型小型ノッチに縦長比率を採用した6.21インチの大型ディスプレイはトレンド感満点。高品質なデュアルレンズカメラも搭載しているので、写真が好きな人にもオススメです!

Huawei Mate 20 Pro

世界最高評価を受けているカメラに有機ELの大画面を搭載。Socにも最新のKirin980を搭載し、まさに非の打ち所のない、フラッグシップモデルの一つ。AI機能の進化を体感できる一台でもあり、多少高くても最高性能を求めている人にオススメです。

Xiaomi Pocophone F1

最高性能のSocであるSnapdragon845を搭載するコストパフォーマンス世界一のスマートフォン。同じ価格帯でここまで性能の高いモデルは他に無いと断言できます。アップデートにより進化をし続けているのもこの端末の大きな特徴。ゲームをするにも写真を撮るにも最高の一台です。

Copyright© ハイパーガジェット通信 | SIMフリースマートフォン/iPhone/タブレット/充電器/便利グッズ , 2019 All Rights Reserved.