ZTE、Androidのライセンス剥奪の危機か

投稿日:

アメリカのの制裁より『クアルコム』との取引を7年間禁止されたスマートフォンメーカー大手の『ZTE』。ZTEはこれまでにクアルコムとの取引で5億ドル近い売り上げを計上しているだけに、今回の制裁はクアルコムにとっても大きな打撃となるのは間違いない。

さらにクアルコムとの取引停止に止まらず、googleの親会社であるAlphabetがAndroidのライセンスに対して利用料をかけるか、Mobile Application Distribution Agreement(端末メーカーと交わしている合意書)自体を白紙に戻し、PLAY STOREへのアクセスを禁止する可能性まであるというから驚きだ。

こういったことは今後他のメーカーに波及する可能性もあり、中国にとって大きな不安の種となってしまった。

合わせて読みたい関連記事はコチラ

オススメSIMフリースマートフォンBEST3

HUAWEI nova lite 3

Socに最新のKirin710を搭載しつつリーズナブルな価格設定を実現。しずく型小型ノッチに縦長比率を採用した6.21インチの大型ディスプレイはトレンド感満点。高品質なデュアルレンズカメラも搭載しているので、写真が好きな人にもオススメです!

UMIDIGI F1

メモリーは4GBと標準的ですが、ストレージが128GBとフラッグシップモデル並みのUMIDIGI F1。動画などを入れて持ち運び多い人にもオススメです。また、電池容量が5150mAhとスタミナスマホを上回るレベルの高容量。超ヘビーユーザーでも満足できる電池持ちに。ディスプレイが6.3インチと大き目なので動画鑑賞にも最適です。SocにはMediaTek Helio P60を搭載。ベンチマークは14万程度で、AI性能もなかなか。総合的にかなりコストパフォーマンスの高いモデルになっています。

Zenfone Max Pro M2

大容量バッテリー5000mAhに高性能なSnapdragon660を搭載し、カメラ性能や音質もアップしたスーパースタミナスマホ。スマホヘビーユーザーに一番オススメしたいのはコレ!

Copyright© ハイパーガジェット通信 | SIMフリースマートフォン/iPhone/タブレット/充電器/便利グッズ , 2019 All Rights Reserved.