Moto Z3 Play | 全面レンダリング画像が新たにリーク!

投稿日:

Pocket

『Moto Z3 Play』の新なレンダリング画像がリークされました。

『Moto Z3 Play』は本体にガラスとアルミのハイブリッド素材を採用。

カメラはフロントがシングルレンズ、メインがデュアルレンズとなり、解像度はフロントカメラが500万画素でメインカメラが1200万画素+800万画素。メインカメラはf/1.6と大口径なレンズが使用され、カメラに定評のあるMoto Zシリーズのイメージをそのまま引き継いでいる印象です。

指紋認証がサイドに設置されているのも大きな特徴の一つ。

また、ディスプレイは6インチのフルHD+(1080 x 2160)で、縦長比率の大画面。

SocにはXiaomiのRedmi note 5にも使われているクアルコムのSnapdragon636。公開されているベンチマークは10万越えなので、ミドルハイスペック機として存在感をアピールすることになるでしょう。

バッテリー容量は3000mAhと画面サイズと解像度に対してやや少なめなイメージですが、Snapdragon636は電力効率に優れるので必要十分なのかもしれません。

カラーバリエーションはゴールドとブルーの2色展開。

Moto Z3 Playの画像

 

 

 

Moto Z3 Playのスペック

OS Android 8.0 (Oreo)
SoC Qualcomm SDM636 Snapdragon 636
メモリ 4GB/6GB
保存容量 32GB/64GB
SDスロット 最大256GB
液晶 6.0型(1080 x 2160)
背面カメラ 1200万画素(f / 1.6)+ 800万画素、位相検出、レーザオートフォーカス、デュアルLEDデュアルトーンフラッシュ
前面カメラ 500万画素(f /2.0,1.4μm)、デュアルLEDデュアルトーンフラッシュ、1080p
対応バンド 2Gバンド

GSM 850/900/1800/1900
3Gバンド:

HSDPA 850/900/1900/2100
4Gバンド :

1(2100)、3(1800)、5(850)、7(2600)、8(900)、19(800)、20(800)、28(700)、38(2600)、40 )、41(2500)

Simサイズ NanoSIM×2
Bluetooth 5.0、A2DP、EDR、LE、aptX
Wi-Fi Wi-Fi 802.11a / b / g / n / ac、デュアルバンド、WiFi Direct、ホットスポット
NFC 対応
センサー 指紋(サイドマウント)、加速度計、ジャイロ、近接、コンパス
バッテリー 3000mAh(急速充電対応)
サイズ -
重量 -
カラー ゴールド、ブルー

合わせて読みたい関連記事はコチラ

情報を深堀したい人はココから検索

オススメSIMフリースマートフォンBEST3

Galaxy S10+

『自社開発したスーパー有機ELを採用した最高のディスプレイ』『Exynos 9820を搭載することにより実現した最高の処理速度』『トリプルレンズにSamsungの最新センサー及びソフトウェアが組み込まれカメラ画質は世界最高レベル』。全てにおいて最高のスペックを実現している『Galaxy S』シリーズの最新モデル。非の打ちどころがありません。

Xiaomi Mi 9

Snapdragon855を搭載するXiaomiブランドの代表的なフラッグシップモデル。トリプルレンズに進化したカメラはF値の変更が可能となり、これまで以上に最高の画質を追求することが可能に。有機ELディスプレはダークモードに対応し、省電力とクールな見た目を実現します。性能だけじゃなく見た目も最高。これまでに見た事が無い美しさ。

Xiaomi Pocophone F1

最高性能のSocであるSnapdragon845を搭載するコストパフォーマンス世界一のスマートフォン。同じ価格帯でここまで性能の高いモデルは他に無いと断言できます。アップデートにより進化をし続けているのもこの端末の大きな特徴。ゲームをするにも写真を撮るにも最高の一台です。

Copyright© ハイパーガジェット通信 , 2019 All Rights Reserved.