Moto Z3 Play | 全面レンダリング画像が新たにリーク!

投稿日:

『Moto Z3 Play』の新なレンダリング画像がリークされました。

『Moto Z3 Play』は本体にガラスとアルミのハイブリッド素材を採用。

カメラはフロントがシングルレンズ、メインがデュアルレンズとなり、解像度はフロントカメラが500万画素でメインカメラが1200万画素+800万画素。メインカメラはf/1.6と大口径なレンズが使用され、カメラに定評のあるMoto Zシリーズのイメージをそのまま引き継いでいる印象です。

指紋認証がサイドに設置されているのも大きな特徴の一つ。

また、ディスプレイは6インチのフルHD+(1080 x 2160)で、縦長比率の大画面。

SocにはXiaomiのRedmi note 5にも使われているクアルコムのSnapdragon636。公開されているベンチマークは10万越えなので、ミドルハイスペック機として存在感をアピールすることになるでしょう。

バッテリー容量は3000mAhと画面サイズと解像度に対してやや少なめなイメージですが、Snapdragon636は電力効率に優れるので必要十分なのかもしれません。

カラーバリエーションはゴールドとブルーの2色展開。

Moto Z3 Playの画像

 

 

 

Moto Z3 Playのスペック

OS Android 8.0 (Oreo)
SoC Qualcomm SDM636 Snapdragon 636
メモリ 4GB/6GB
保存容量 32GB/64GB
SDスロット 最大256GB
液晶 6.0型(1080 x 2160)
背面カメラ 1200万画素(f / 1.6)+ 800万画素、位相検出、レーザオートフォーカス、デュアルLEDデュアルトーンフラッシュ
前面カメラ 500万画素(f /2.0,1.4μm)、デュアルLEDデュアルトーンフラッシュ、1080p
対応バンド 2Gバンド

GSM 850/900/1800/1900
3Gバンド:

HSDPA 850/900/1900/2100
4Gバンド :

1(2100)、3(1800)、5(850)、7(2600)、8(900)、19(800)、20(800)、28(700)、38(2600)、40 )、41(2500)

Simサイズ NanoSIM×2
Bluetooth 5.0、A2DP、EDR、LE、aptX
Wi-Fi Wi-Fi 802.11a / b / g / n / ac、デュアルバンド、WiFi Direct、ホットスポット
NFC 対応
センサー 指紋(サイドマウント)、加速度計、ジャイロ、近接、コンパス
バッテリー 3000mAh(急速充電対応)
サイズ -
重量 -
カラー ゴールド、ブルー

合わせて読みたい関連記事はコチラ

オススメSIMフリースマートフォンBEST3

HUAWEI nova lite 3

Socに最新のKirin710を搭載しつつリーズナブルな価格設定を実現。しずく型小型ノッチに縦長比率を採用した6.21インチの大型ディスプレイはトレンド感満点。高品質なデュアルレンズカメラも搭載しているので、写真が好きな人にもオススメです!

UMIDIGI F1

メモリーは4GBと標準的ですが、ストレージが128GBとフラッグシップモデル並みのUMIDIGI F1。動画などを入れて持ち運び多い人にもオススメです。また、電池容量が5150mAhとスタミナスマホを上回るレベルの高容量。超ヘビーユーザーでも満足できる電池持ちに。ディスプレイが6.3インチと大き目なので動画鑑賞にも最適です。SocにはMediaTek Helio P60を搭載。ベンチマークは14万程度で、AI性能もなかなか。総合的にかなりコストパフォーマンスの高いモデルになっています。

Zenfone Max Pro M2

大容量バッテリー5000mAhに高性能なSnapdragon660を搭載し、カメラ性能や音質もアップしたスーパースタミナスマホ。スマホヘビーユーザーに一番オススメしたいのはコレ!

Copyright© ハイパーガジェット通信 | SIMフリースマートフォン/iPhone/タブレット/充電器/便利グッズ , 2019 All Rights Reserved.