Lenovo Z5はめちゃくちゃ美しいグラデーションバックガラスを採用

投稿日:

Lenovoは6月5日に新型スマートフォン『Lenovo Z5』をリリースします。同社副社長のチャン・チェン氏は、公式のWeiboでLenvo Z5に関する裏側のレンダリング画像を公開しました。

情報によるとLenovo Z5はガラスと金属のハイブリッド素材が採用されるとされており、画像からも背面のガラスがサイドの金属に溶け込むように融合しているのが見てとれます。

画像からは背面の下部分しか確認することが出来ず、さらに上部分に指紋認証が存在するかどうかは確認できません。もし指紋認証が無ければ、先日リリースされたばかりのXiaomi Mi 8と同様のディスプレイ埋め込み式指紋認証の可能性があるので、重要なポイントの一つです。

Lenovo Z5の画面占有率は95%に及ぶび、かつバッテリー寿命が非常に長いとの情報が流されています。バッテリー寿命が長いということは、恐らく有機ELディスプレイが採用されるということです。さらにSocにはSnapdragon845が搭載される予定なので、これはまた市場に衝撃を与えるフラッグシップモデルの登場ということになるでしょう。

先日のMi 8の衝撃が冷めやらぬ状態ですが、Lenovoが初めて本気を出すといってもいいLenovo Z5の登場が楽しみでなりません!

合わせて読みたい関連記事はコチラ

オススメSIMフリースマートフォンBEST3

HUAWEI nova lite 3

Socに最新のKirin710を搭載しつつリーズナブルな価格設定を実現。しずく型小型ノッチに縦長比率を採用した6.21インチの大型ディスプレイはトレンド感満点。高品質なデュアルレンズカメラも搭載しているので、写真が好きな人にもオススメです!

UMIDIGI F1

メモリーは4GBと標準的ですが、ストレージが128GBとフラッグシップモデル並みのUMIDIGI F1。動画などを入れて持ち運び多い人にもオススメです。また、電池容量が5150mAhとスタミナスマホを上回るレベルの高容量。超ヘビーユーザーでも満足できる電池持ちに。ディスプレイが6.3インチと大き目なので動画鑑賞にも最適です。SocにはMediaTek Helio P60を搭載。ベンチマークは14万程度で、AI性能もなかなか。総合的にかなりコストパフォーマンスの高いモデルになっています。

Zenfone Max Pro M2

大容量バッテリー5000mAhに高性能なSnapdragon660を搭載し、カメラ性能や音質もアップしたスーパースタミナスマホ。スマホヘビーユーザーに一番オススメしたいのはコレ!

Copyright© ハイパーガジェット通信 | SIMフリースマートフォン/iPhone/タブレット/充電器/便利グッズ , 2019 All Rights Reserved.