OPPO Find Xは史上最高クラスのフラッグシップモデルとして登場か

投稿日:

OPPOが最上位クラスとなるフラッグシップモデルを開発中であることがリークされています。製品名は『OPPO Find X』。

現在分かっている情報では、ディスプレイには6.42インチの超大型サイズが採用され、解像度もQHD+と超高精細。6.42インチクラスのディスプレイサイズになれば、解像度の高さもしっかり認識することができるでしょう。

Socには最上位のSnapdragon845を搭載。最近リリースされているフラッグシップモデルはSnapdragon845を搭載していることが多くインパクトにはかけますが、Xiaomi Mi 8のようにベンチマークで30万をこえられるかどうかが一つのポイントとなるでしょう。それ以外はメモリー8GBにストレージが256GBとフラッグシップらしい仕上がりとなっています。また、4000mAhの大型バッテリーはOPPO独自規格のVOOC Super Flash Chargeに対応し、短時間で素早い充電が可能です。

そしてもう一つ気になるのは、iPhone XやXiaomi Mi 8と同様に3D顔認証やディスプレイ埋め込み型指紋認証を搭載してくるかどうかということ。ディスプレイ埋め込み型指紋認証についてはOPPOと同じBBKグループのVivoがすでに採用していることから、搭載される可能性が高いかもしれません。技術力に定評のあるOPPOなので、フラッグシップ機でその実力を遺憾なく発揮して欲しいですね。

合わせて読みたい関連記事はコチラ

オススメSIMフリースマートフォンBEST3

HUAWEI nova lite 3

Socに最新のKirin710を搭載しつつリーズナブルな価格設定を実現。しずく型小型ノッチに縦長比率を採用した6.21インチの大型ディスプレイはトレンド感満点。高品質なデュアルレンズカメラも搭載しているので、写真が好きな人にもオススメです!

UMIDIGI F1

メモリーは4GBと標準的ですが、ストレージが128GBとフラッグシップモデル並みのUMIDIGI F1。動画などを入れて持ち運び多い人にもオススメです。また、電池容量が5150mAhとスタミナスマホを上回るレベルの高容量。超ヘビーユーザーでも満足できる電池持ちに。ディスプレイが6.3インチと大き目なので動画鑑賞にも最適です。SocにはMediaTek Helio P60を搭載。ベンチマークは14万程度で、AI性能もなかなか。総合的にかなりコストパフォーマンスの高いモデルになっています。

Zenfone Max Pro M2

大容量バッテリー5000mAhに高性能なSnapdragon660を搭載し、カメラ性能や音質もアップしたスーパースタミナスマホ。スマホヘビーユーザーに一番オススメしたいのはコレ!

Copyright© ハイパーガジェット通信 | SIMフリースマートフォン/iPhone/タブレット/充電器/便利グッズ , 2019 All Rights Reserved.