ANKERが脱アマゾン開始!オンライン直営店舗を本格始動!

投稿日:

Amazonで不動の人気を誇るモバイル家電ブランドのANKERが、ついに脱Amazonに向けて直営店舗をスタートさせました。Amazonの手数料から逃れるために有名ブランドが脱Amazonを狙うのは通常の流れとも言えます。しかしここにきてAmazonの代名詞ともとれるANKERが動きだすとは驚きです。

直営店舗は利益率が大幅にアップします。しかし一番大きな影響を及ぼしそうなのは物流です。ANKERブランドの商品を買っているプライム会員は相当数いるでしょう。充電器って思いたたらすぐほしくなるアイテムの一つです。そこでANKER独自店舗の物流網をチェックしてみました。

通常配送は入金確認から1〜7営業日、日付及び時間帯の指定はなし。うーん、普通のオンラインショップですね。やはりこの内容だとAmazonで頼む人が多いかもしれません。今後物流が改善されれば独自店舗で購入する人も徐々に増えるのではないでしょうか!やはり届けるスピードってすごく大切ですね。

現在新規会員にはポイントプレゼント中!・・・今日までです!

合わせて読みたい関連記事はコチラ

オススメSIMフリースマートフォンBEST3

HUAWEI nova lite 3

Socに最新のKirin710を搭載しつつリーズナブルな価格設定を実現。しずく型小型ノッチに縦長比率を採用した6.21インチの大型ディスプレイはトレンド感満点。高品質なデュアルレンズカメラも搭載しているので、写真が好きな人にもオススメです!

UMIDIGI F1

メモリーは4GBと標準的ですが、ストレージが128GBとフラッグシップモデル並みのUMIDIGI F1。動画などを入れて持ち運び多い人にもオススメです。また、電池容量が5150mAhとスタミナスマホを上回るレベルの高容量。超ヘビーユーザーでも満足できる電池持ちに。ディスプレイが6.3インチと大き目なので動画鑑賞にも最適です。SocにはMediaTek Helio P60を搭載。ベンチマークは14万程度で、AI性能もなかなか。総合的にかなりコストパフォーマンスの高いモデルになっています。

Xiaomi Pocophone F1

最高性能のSocであるSnapdragon845を搭載するコストパフォーマンス世界一のスマートフォン。同じ価格帯でここまで性能の高いモデルは他に無いと断言できます。アップデートにより進化をし続けているのもこの端末の大きな特徴。ゲームをするにも写真を撮るにも最高の一台です。

Copyright© ハイパーガジェット通信 | SIMフリースマートフォン/iPhone/タブレット/充電器/便利グッズ , 2019 All Rights Reserved.