Huawei Honor 9i (2018)はフルビューディスプレイ入門機として最適な高コスパスマホ!

投稿日:

 

honor9i(2018)は、昨年10月にリリースされたHonor 9i(2017)のアップデート版となります。とはいえ、ディスプレイの仕様がフルビューディプレイに変わったり、ストレージ容量が増えたりと次期モデルに近いアップデートではありますね。

honor9i(2018)はノッチが搭載され、フルビューディスプレイを採用。背面は前作同様に美しい鏡面仕上げが施され、フルビューディスプレイのデザインにとてもよくマッチしています。また、強化されたビューティーモードも搭載し、少し小ぶりなデザインを含め、かなり女性には人気が出そうな端末ですね。

Socは前モデルと同様にKirin659が搭載され、GPUはMali T830-MP2です。ゲームをバリバリこなすには少し物足りなさを感じるかもしれませんが、最新のHonor端末ということもあり、先日リリースされたばかりの『GPU TURBO』機能がアップデートにより提供される可能性が高いです。同じSocを搭載しているHonor 9 LiteやHonor 7Xには『GPU TURBO』が提供されるようなので、Soc的には適合しているということでしょう。

リアカメラは1300万画素+200万画素のデュアルレンズ仕様。PDAF機能を搭載するのでピント合わせが早いのが特徴です。最近流行りのAIこそ搭載していませんが、タイムラプスやHDR、バーストモードといった撮影を楽しめる機能が満載です。ビューティーモード搭載のフロントカメラは1600万画素の高解像度で、さらにフルHDによる動画撮影が可能、フェイスアンロック機能もサポートします。

価格は4GB/64GBモデルが25000円程度、4GB/128GBモデルが31000円程度となっています。カラーバリエーションはブラック、ブルー、グリーン、パープルの4色展開。

合わせて読みたい関連記事はコチラ

オススメSIMフリースマートフォンBEST3

HUAWEI nova lite 3

Socに最新のKirin710を搭載しつつリーズナブルな価格設定を実現。しずく型小型ノッチに縦長比率を採用した6.21インチの大型ディスプレイはトレンド感満点。高品質なデュアルレンズカメラも搭載しているので、写真が好きな人にもオススメです!

UMIDIGI F1

メモリーは4GBと標準的ですが、ストレージが128GBとフラッグシップモデル並みのUMIDIGI F1。動画などを入れて持ち運び多い人にもオススメです。また、電池容量が5150mAhとスタミナスマホを上回るレベルの高容量。超ヘビーユーザーでも満足できる電池持ちに。ディスプレイが6.3インチと大き目なので動画鑑賞にも最適です。SocにはMediaTek Helio P60を搭載。ベンチマークは14万程度で、AI性能もなかなか。総合的にかなりコストパフォーマンスの高いモデルになっています。

Zenfone Max Pro M2

大容量バッテリー5000mAhに高性能なSnapdragon660を搭載し、カメラ性能や音質もアップしたスーパースタミナスマホ。スマホヘビーユーザーに一番オススメしたいのはコレ!

Copyright© ハイパーガジェット通信 | SIMフリースマートフォン/iPhone/タブレット/充電器/便利グッズ , 2019 All Rights Reserved.