Huawei Honor 9i (2018)はフルビューディスプレイ入門機として最適な高コスパスマホ!

投稿日:

Pocket

 

honor9i(2018)は、昨年10月にリリースされたHonor 9i(2017)のアップデート版となります。とはいえ、ディスプレイの仕様がフルビューディプレイに変わったり、ストレージ容量が増えたりと次期モデルに近いアップデートではありますね。

honor9i(2018)はノッチが搭載され、フルビューディスプレイを採用。背面は前作同様に美しい鏡面仕上げが施され、フルビューディスプレイのデザインにとてもよくマッチしています。また、強化されたビューティーモードも搭載し、少し小ぶりなデザインを含め、かなり女性には人気が出そうな端末ですね。

Socは前モデルと同様にKirin659が搭載され、GPUはMali T830-MP2です。ゲームをバリバリこなすには少し物足りなさを感じるかもしれませんが、最新のHonor端末ということもあり、先日リリースされたばかりの『GPU TURBO』機能がアップデートにより提供される可能性が高いです。同じSocを搭載しているHonor 9 LiteやHonor 7Xには『GPU TURBO』が提供されるようなので、Soc的には適合しているということでしょう。

リアカメラは1300万画素+200万画素のデュアルレンズ仕様。PDAF機能を搭載するのでピント合わせが早いのが特徴です。最近流行りのAIこそ搭載していませんが、タイムラプスやHDR、バーストモードといった撮影を楽しめる機能が満載です。ビューティーモード搭載のフロントカメラは1600万画素の高解像度で、さらにフルHDによる動画撮影が可能、フェイスアンロック機能もサポートします。

価格は4GB/64GBモデルが25000円程度、4GB/128GBモデルが31000円程度となっています。カラーバリエーションはブラック、ブルー、グリーン、パープルの4色展開。

合わせて読みたい関連記事はコチラ

情報を深堀したい人はココから検索

オススメSIMフリースマートフォンBEST3

OnePlus 7 Pro

『処理性能』『ディスプレイ性能』『カメラ性能』『ストレージ性能』など、全てにおいて最高のスペックを求めたい。そんな人を満足させてくれるスマートフォンです。OnePlusというメーカーは、最高スペックのフラッグシップモデルしか作ったことがありません。至高のメーカーが作る至高のスマートフォン。これで満足出来ない人、次はありませんよ。

Xiaomi Mi 9

Snapdragon855を搭載するXiaomiブランドの代表的なフラッグシップモデル。トリプルレンズに進化したカメラはF値の変更が可能となり、これまで以上に最高の画質を追求することが可能に。有機ELディスプレはダークモードに対応し、省電力とクールな見た目を実現します。性能だけじゃなく見た目も最高。これまでに見た事が無い美しさ。

Asus Zenfone 6

『自撮りスマホ』を新たなカテゴリーとして定義したAsusのフラッグシップ機『Zenfone 6』。女性から絶大な支持を受け、現在世界で売り切れ状態に。リアカメラを自動回転させることで世界最高画質で自撮りが出来る!ユーチューバーやインスタグラマーにもオススメです。勿論フラッグシップモデルなので処理能力も抜群。あらゆる面で大活躍しそうな1台です。

Copyright© ハイパーガジェット通信 , 2019 All Rights Reserved.