Lenovo Watch Xは血圧センサー搭載のExplorer Editionでも6000円程度のドン引きプライスなスマートウォッチ!

投稿日:

Pocket

 

Lenovoは先日のイベントで、スマートフォン端末のLenovo Z5に加えて『Watch X』と呼ばれるスマートウォッチをリリースしました。Watch Xについては通常モデルとExplorer Editionの2モデルが存在し、Explorer Editionには気圧計と血圧センサーが組み込まれます。

先日リリースされたばかりのASUSのVivo Watchが世界ではじめてスマートウォッチに血圧センサーを搭載し話題になりましたが、Watch X Explorer Editionは世界で2番目のスピードで血圧センサーを搭載することになりました。世界初と2番目ではインパクトがかなり違うので、宣伝的な意味では先にリリースしたASUSの勝ちでしょう。

ディスプレイには省電力生に優れる有機ELを採用。600mAhの大型リチウムを搭載していることもあり、スタンバイ時間は1度の充電で45時間に及び、最大80メートルの耐水性能も備えます。通信に使用するBluetoothのバージョンは最新の5.0。

センサーには心拍センサー、ジャイロスコープ、重力センサー、電子コンパス、そしてExplorer Editionには気圧計と血圧センサーが搭載されます。

カラーは通常モデル、Explorer Edition共にブラックとシルバーが用意され、通常モデルは金属製のミラネーゼバンドタイプが5500円程度、レザーバンドタイプが6000円程度となっています。Explorer Editionについてはミラネーゼバンドタイプが6000円程度、レザーバンドタイプは7500円程度です。Explorer Editionでこの価格ってちょっと安すぎやしませんか・・・?一桁間違えたかと思いました・・・・今すぐ欲しい!

合わせて読みたい関連記事はコチラ

情報を深堀したい人はココから検索

オススメSIMフリースマートフォンBEST3

OnePlus 7 Pro

『処理性能』『ディスプレイ性能』『カメラ性能』『ストレージ性能』など、全てにおいて最高のスペックを求めたい。そんな人を満足させてくれるスマートフォンです。OnePlusというメーカーは、最高スペックのフラッグシップモデルしか作ったことがありません。至高のメーカーが作る至高のスマートフォン。これで満足出来ない人、次はありませんよ。

Xiaomi Mi 9

Snapdragon855を搭載するXiaomiブランドの代表的なフラッグシップモデル。トリプルレンズに進化したカメラはF値の変更が可能となり、これまで以上に最高の画質を追求することが可能に。有機ELディスプレはダークモードに対応し、省電力とクールな見た目を実現します。性能だけじゃなく見た目も最高。これまでに見た事が無い美しさ。

Asus Zenfone 6

『自撮りスマホ』を新たなカテゴリーとして定義したAsusのフラッグシップ機『Zenfone 6』。女性から絶大な支持を受け、現在世界で売り切れ状態に。リアカメラを自動回転させることで世界最高画質で自撮りが出来る!ユーチューバーやインスタグラマーにもオススメです。勿論フラッグシップモデルなので処理能力も抜群。あらゆる面で大活躍しそうな1台です。

Copyright© ハイパーガジェット通信 , 2019 All Rights Reserved.