Lenovo Watch Xは血圧センサー搭載のExplorer Editionでも6000円程度のドン引きプライスなスマートウォッチ!

投稿日:

 

Lenovoは先日のイベントで、スマートフォン端末のLenovo Z5に加えて『Watch X』と呼ばれるスマートウォッチをリリースしました。Watch Xについては通常モデルとExplorer Editionの2モデルが存在し、Explorer Editionには気圧計と血圧センサーが組み込まれます。

先日リリースされたばかりのASUSのVivo Watchが世界ではじめてスマートウォッチに血圧センサーを搭載し話題になりましたが、Watch X Explorer Editionは世界で2番目のスピードで血圧センサーを搭載することになりました。世界初と2番目ではインパクトがかなり違うので、宣伝的な意味では先にリリースしたASUSの勝ちでしょう。

ディスプレイには省電力生に優れる有機ELを採用。600mAhの大型リチウムを搭載していることもあり、スタンバイ時間は1度の充電で45時間に及び、最大80メートルの耐水性能も備えます。通信に使用するBluetoothのバージョンは最新の5.0。

センサーには心拍センサー、ジャイロスコープ、重力センサー、電子コンパス、そしてExplorer Editionには気圧計と血圧センサーが搭載されます。

カラーは通常モデル、Explorer Edition共にブラックとシルバーが用意され、通常モデルは金属製のミラネーゼバンドタイプが5500円程度、レザーバンドタイプが6000円程度となっています。Explorer Editionについてはミラネーゼバンドタイプが6000円程度、レザーバンドタイプは7500円程度です。Explorer Editionでこの価格ってちょっと安すぎやしませんか・・・?一桁間違えたかと思いました・・・・今すぐ欲しい!

合わせて読みたい関連記事はコチラ

オススメSIMフリースマートフォンBEST3

HUAWEI nova lite 3

Socに最新のKirin710を搭載しつつリーズナブルな価格設定を実現。しずく型小型ノッチに縦長比率を採用した6.21インチの大型ディスプレイはトレンド感満点。高品質なデュアルレンズカメラも搭載しているので、写真が好きな人にもオススメです!

UMIDIGI F1

メモリーは4GBと標準的ですが、ストレージが128GBとフラッグシップモデル並みのUMIDIGI F1。動画などを入れて持ち運び多い人にもオススメです。また、電池容量が5150mAhとスタミナスマホを上回るレベルの高容量。超ヘビーユーザーでも満足できる電池持ちに。ディスプレイが6.3インチと大き目なので動画鑑賞にも最適です。SocにはMediaTek Helio P60を搭載。ベンチマークは14万程度で、AI性能もなかなか。総合的にかなりコストパフォーマンスの高いモデルになっています。

Zenfone Max Pro M2

大容量バッテリー5000mAhに高性能なSnapdragon660を搭載し、カメラ性能や音質もアップしたスーパースタミナスマホ。スマホヘビーユーザーに一番オススメしたいのはコレ!

Copyright© ハイパーガジェット通信 | SIMフリースマートフォン/iPhone/タブレット/充電器/便利グッズ , 2019 All Rights Reserved.