ASUS Zenfone Aresは8GBメモリーにスーパーAMOLED 2K搭載!少し旧型なフラッグシップ機が投げ売り!

投稿日:

Pocket


 

ASUS Zenfone Aresは、ASUS ZenFone ARがモデル名を変えたもので、今回モデル名を変えて再販されます。ZenFone ARは現在日本で87000円程度で発売中。

スペックを見ていくと、SocにはSnapdragon821を搭載しています。2世代ほど前のモデルにはなりますが、800シリーズだけあってAntutuのトータルベンチマークは17万越え!3Dゲームだってバリバリこなせるスコアです。

そして驚きなのがメモリーを8GBも搭載しています。8GB搭載モデルなんて最近のフラッグシップモデルでようやく増えてきた程度。恐らくどんなに頑張っても使い切れないでしょう。ストレージ128GBというのもすごい!

ディスプレイ性能も素晴らしく、SAMSUNGのスーパーAMOLEDを採用。解像度も2Kと文句なしです。DTS7.1ヘッドフォンをサポートしつつ、NXPスマートアンプも内蔵しているので、ヘッドフォンをしてもしなくても臨場感抜群な状態でゲームや動画を楽しむことができます。このあたりのスペックは、元々ARやVRに使うことを目的として作られているので余計に高いのでしょう。

残念ながらGoogleはAndroid向けに提供していたTango(AR技術)のサポートを終了してしまいましたが(対応機種はLenovoの「PHAB2 Pro」とASUSの「ZenFone AR」しかありませんでした)、とんでもないハイスペック機であることに変わりはありません。

Zenfone Aresは現在台湾のPCHomeにて36,500円程度で予約受付中!ゲーム専用端末として欲しい!!

合わせて読みたい関連記事はコチラ

情報を深堀したい人はココから検索

オススメSIMフリースマートフォンBEST3

Galaxy S10+

『自社開発したスーパー有機ELを採用した最高のディスプレイ』『Exynos 9820を搭載することにより実現した最高の処理速度』『トリプルレンズにSamsungの最新センサー及びソフトウェアが組み込まれカメラ画質は世界最高レベル』。全てにおいて最高のスペックを実現している『Galaxy S』シリーズの最新モデル。非の打ちどころがありません。

Xiaomi Mi 9

Snapdragon855を搭載するXiaomiブランドの代表的なフラッグシップモデル。トリプルレンズに進化したカメラはF値の変更が可能となり、これまで以上に最高の画質を追求することが可能に。有機ELディスプレはダークモードに対応し、省電力とクールな見た目を実現します。性能だけじゃなく見た目も最高。これまでに見た事が無い美しさ。

Xiaomi Pocophone F1

最高性能のSocであるSnapdragon845を搭載するコストパフォーマンス世界一のスマートフォン。同じ価格帯でここまで性能の高いモデルは他に無いと断言できます。アップデートにより進化をし続けているのもこの端末の大きな特徴。ゲームをするにも写真を撮るにも最高の一台です。

Copyright© ハイパーガジェット通信 , 2019 All Rights Reserved.