iPhone SE2開発中止の衝撃

Pocket
Facebook にシェア

 

当ブログはAndroid端末中心に記事を書いているので、iPhoneに関する情報は少なめです。それでも、今日ツイッターでみた『iPhone SE2』というワードには衝撃を受けました。

iPhoneはAndroidと比較してリリースの間隔が長いです。モデル数も限られているので、尚更そう感じられるのかもしれません。iPhone SEはそんな数少ないラインナップの内の一つでした。絶対数はそこまで多くないにしても、Apple Watchとの2台持ちや、大型を好まないユーザーに支持されてきました。

ちょっと気になっていたのはスペックです。小型と安さをウリにしている端末のはずなのに、Socの性能が良すぎたのです。正直電池の持ちだったり、コスト的にはベストでは無いでしょう。余った部品を無理やり使っているのかな、と少し勘ぐってしまっている部分も正直ありました。

これなら欲しい!というフルビューディスプレイデザインのレンダリング画像が流出したことも。

今回のリーク情報からいくと、iPhoneは最小サイズが5.8インチ程度となり大型化が顕著に。これはAndroidのトレンドサイズが6インチ程度となっているので、照準をそこに合わせてきている可能性があります。

端末のデザインはベゼルレス化が進み、片手でも大画面が持てるようになりました。UIもフルビューディスプレイに合わせたものが増え、iOSも今後ますます直感的な操作性が向上することでしょう。安価モデルを出すことでブランドイメージが崩壊し、Androidに飲み込まれてしまうのか。それとも逆にAndroidユーザーがiPhoneに流れるのか。戦いは今後さらに熾烈になりそうです。

合わせて読みたい関連記事はコチラ

情報を深堀したい人はココから検索

オススメSIMフリースマートフォンBEST3

Xiaomi Redmi Note 9S

2万円台という低価格ながら、ミッドレンジクラスでトップクラスの処理能力をもつXiaomi の『Redmi Note 9S』。圧倒的な高い処理能力を実現するのは、『Snapdragon 720G』という超高性能Socを搭載しているから。さらに、電池容量は『5,020mAh』、『6.67インチ』の超大画面、Xiaomiの技術が凝縮された『AI4眼カメラ』と、どれも販売価格を大幅に上回る高性能。コストパフォーマンスの高さを重視してスマートフォンを選ぶのであれば、間違いなくオススメしたい究極の1台。

Xiaomi Mi Note 10

『1億800万画素カメラ』『光学5倍ズーム』という、世界最高スペックとなるカメラ機能を搭載する『Xiaomi Mi Note 10』。ハード面を大幅に強化したことにより、これまでのスマートフォンとは別次元の描写が可能に。デュアル4軸光学式手ブレ補正により、写真だけでなく動画の画質も向上。カメラ機能を重視したい人には迷わず買って欲しい、モンスターカメラスマホ。

OnePlus 7T Pro

Androidの帝王『OnePlus 7 Pro』に『Snapdragon 855 Plus』が搭載され、更に処理速度がアップ。6.67インチの巨大なディスプレイは『90Hz』の高速表示に対応。カメラ画質も世界トップクラスの評価を受けています。デザインも洗練され、全てにおいて完璧なのがOnePlus 7 Pro。このスマートフォンで満足出来ない人は恐らくいないはず。

Copyright© ハイパーガジェット通信 , 2020 All Rights Reserved.