iPhone SE2開発中止の衝撃

投稿日:

Pocket

 

当ブログはAndroid端末中心に記事を書いているので、iPhoneに関する情報は少なめです。それでも、今日ツイッターでみた『iPhone SE2』というワードには衝撃を受けました。

iPhoneはAndroidと比較してリリースの間隔が長いです。モデル数も限られているので、尚更そう感じられるのかもしれません。iPhone SEはそんな数少ないラインナップの内の一つでした。絶対数はそこまで多くないにしても、Apple Watchとの2台持ちや、大型を好まないユーザーに支持されてきました。

ちょっと気になっていたのはスペックです。小型と安さをウリにしている端末のはずなのに、Socの性能が良すぎたのです。正直電池の持ちだったり、コスト的にはベストでは無いでしょう。余った部品を無理やり使っているのかな、と少し勘ぐってしまっている部分も正直ありました。

これなら欲しい!というフルビューディスプレイデザインのレンダリング画像が流出したことも。

今回のリーク情報からいくと、iPhoneは最小サイズが5.8インチ程度となり大型化が顕著に。これはAndroidのトレンドサイズが6インチ程度となっているので、照準をそこに合わせてきている可能性があります。

端末のデザインはベゼルレス化が進み、片手でも大画面が持てるようになりました。UIもフルビューディスプレイに合わせたものが増え、iOSも今後ますます直感的な操作性が向上することでしょう。安価モデルを出すことでブランドイメージが崩壊し、Androidに飲み込まれてしまうのか。それとも逆にAndroidユーザーがiPhoneに流れるのか。戦いは今後さらに熾烈になりそうです。

合わせて読みたい関連記事はコチラ

情報を深堀したい人はココから検索

オススメSIMフリースマートフォンBEST3

Galaxy S10+

『自社開発したスーパー有機ELを採用した最高のディスプレイ』『Exynos 9820を搭載することにより実現した最高の処理速度』『トリプルレンズにSamsungの最新センサー及びソフトウェアが組み込まれカメラ画質は世界最高レベル』。全てにおいて最高のスペックを実現している『Galaxy S』シリーズの最新モデル。非の打ちどころがありません。

Xiaomi Mi 9

Snapdragon855を搭載するXiaomiブランドの代表的なフラッグシップモデル。トリプルレンズに進化したカメラはF値の変更が可能となり、これまで以上に最高の画質を追求することが可能に。有機ELディスプレはダークモードに対応し、省電力とクールな見た目を実現します。性能だけじゃなく見た目も最高。これまでに見た事が無い美しさ。

Xiaomi Pocophone F1

最高性能のSocであるSnapdragon845を搭載するコストパフォーマンス世界一のスマートフォン。同じ価格帯でここまで性能の高いモデルは他に無いと断言できます。アップデートにより進化をし続けているのもこの端末の大きな特徴。ゲームをするにも写真を撮るにも最高の一台です。

Copyright© ハイパーガジェット通信 , 2019 All Rights Reserved.