Xiaomi Mi Pad 4がリリース!Snapdragon660採用の最強ゲームタブレットが18,500円〜

更新日:


XiaomiはRedmi 6 Proと同時にタブレットの新シリーズ、Mi Pad 4をリリースしました。

Mi Pad 4の特徴は、何と言ってもSocにSnapdragon660を搭載していること。このSocはミドルハイスペック端末に搭載されているもので、Antutuのトータルスコアは13万以上。ゲームもバリバリこなせます。

ゲームプレイ時に快適な環境を保つ、スマートゲームアクセラレーションにも対応。

あとはサイドのベゼルが少ないので、片手で持てることもアピールポイントの一つのようです。あれ、こうやって見るとiP・・a・

今回Mi Pad 4にはWiFiモデルが登場し、3GB / 32GBモデルが18,500円程度と、とてもSnapdragon660を搭載したタブレットとは思えない価格設定となっています!大画面でゲームを楽しむために、ゲーム専用機として購入しても良いでしょう。

詳細については、ディスプレイサイズが8インチ(1920x1200ピクセル)でアスペクト比は16:10と、縦長デザインが不採用なのはちょっと残念です。しかしバッテリーサイズは6,000mAhと申し分なく、長時間駆動を可能に。充電コネクタには最新規格のType-Cが採用され、10Wの急速充電にも対応しています。しかしMicro SDカードをサポートしてないのはちょっと痛いですね・・・

カメラは1300万画素のシングルレンズ(f / 2.0)と、タブレットに搭載されているものとしては一般的なもので、今後MIUI 10へのアップデートでAIポートレートモードをサポート予定です。タブレットのカメラでもボケ味のある写真が撮れるようになるというのは大きいですよね。フロントカメラは500万画素でAI顔認証機能をサポート。AIとついているのでプログラム上の解析になることは確かですが、機械学習機能により認証制度を高めるということでしょう。

 

また、Mi Pad 4はWiFiとLTEを含め3モデルをラインナップ。WiFiモデルは3GB/32GBが18,500円程度、4GB/32GBが23,500円程度、LTEモデルは4GB/64GBモデルが25,000円程度となっています。カラーはブラックとゴールドの2色。発売開始は6月29日。Snapdragon660欲しさに買っちゃう人が続出しそうです!

合わせて読みたい関連記事はコチラ

オススメSIMフリースマートフォンBEST3

HUAWEI nova lite 3

Socに最新のKirin710を搭載しつつリーズナブルな価格設定を実現。しずく型小型ノッチに縦長比率を採用した6.21インチの大型ディスプレイはトレンド感満点。高品質なデュアルレンズカメラも搭載しているので、写真が好きな人にもオススメです!

UMIDIGI F1

メモリーは4GBと標準的ですが、ストレージが128GBとフラッグシップモデル並みのUMIDIGI F1。動画などを入れて持ち運び多い人にもオススメです。また、電池容量が5150mAhとスタミナスマホを上回るレベルの高容量。超ヘビーユーザーでも満足できる電池持ちに。ディスプレイが6.3インチと大き目なので動画鑑賞にも最適です。SocにはMediaTek Helio P60を搭載。ベンチマークは14万程度で、AI性能もなかなか。総合的にかなりコストパフォーマンスの高いモデルになっています。

Xiaomi Pocophone F1

最高性能のSocであるSnapdragon845を搭載するコストパフォーマンス世界一のスマートフォン。同じ価格帯でここまで性能の高いモデルは他に無いと断言できます。アップデートにより進化をし続けているのもこの端末の大きな特徴。ゲームをするにも写真を撮るにも最高の一台です。

Copyright© ハイパーガジェット通信 | SIMフリースマートフォン/iPhone/タブレット/充電器/便利グッズ , 2019 All Rights Reserved.