Lenovo Z5が発売開始!在庫はわずか50秒で売り切れ!爆発的なロケットスタート!

更新日:

Pocket


 

ついにLenovo Z5の発売が開始されました。Lenovo Z5は22,000円程度と低価格ながら、SocにはSnapdragon636、メモリー6GB、ストレージ64GB、AIデュアル絵レンズカメラ搭載と、ミドルレンジモデルとしては申し分の無い性能。

デザインが期待されていたリーク情報と違ったことで、一部からバッシングを受けたデザインでしたが、画面占有率は83.6%(公称値は最初90%になっていたような・・・)とiPhone X以上の占有率をほこり、価格的には十分な魅力を感じます。

今回の50秒で在庫が売り切れたという事実を聞くと、Lenovo Z5の価格帯と性能、そしてデザインが、かなり巨大なボリュームに興味をもたせている事を否定できません。

ここで黙ってはいられないのが、コストパフォーマンスではどこのメーカーも太刀打ちが出来なかったXiaomiです。Xiaomiは粗利益率5%という低い数字で、新興国を相手にしたロースペックモデルを大量に販売しつつ、Mi 8 Explorerの様な世界トップクラスの技術をつめこんだフラッグシップモデルを低価格でリリースしています。

今回Lenovo Z5の価格設定、そして売れ行きは、スマートフォン市場全体にとっても大きなインパクトを与えることになるでしょう。そういえばNokiaからも激安なミドルレンジがリリースされていたような・・・

Lenovo Z5は色んな意味で噂を吹き飛ばす高ポテンシャルのミッドレンジモデル!

合わせて読みたい関連記事はコチラ

情報を深堀したい人はココから検索

オススメSIMフリースマートフォンBEST3

Galaxy S10+

『自社開発したスーパー有機ELを採用した最高のディスプレイ』『Exynos 9820を搭載することにより実現した最高の処理速度』『トリプルレンズにSamsungの最新センサー及びソフトウェアが組み込まれカメラ画質は世界最高レベル』。全てにおいて最高のスペックを実現している『Galaxy S』シリーズの最新モデル。非の打ちどころがありません。

Xiaomi Mi 9

Snapdragon855を搭載するXiaomiブランドの代表的なフラッグシップモデル。トリプルレンズに進化したカメラはF値の変更が可能となり、これまで以上に最高の画質を追求することが可能に。有機ELディスプレはダークモードに対応し、省電力とクールな見た目を実現します。性能だけじゃなく見た目も最高。これまでに見た事が無い美しさ。

Xiaomi Pocophone F1

最高性能のSocであるSnapdragon845を搭載するコストパフォーマンス世界一のスマートフォン。同じ価格帯でここまで性能の高いモデルは他に無いと断言できます。アップデートにより進化をし続けているのもこの端末の大きな特徴。ゲームをするにも写真を撮るにも最高の一台です。

Copyright© ハイパーガジェット通信 , 2019 All Rights Reserved.