Lightのマルチレンズカメラ技術にソフトバンクとライカが大型出資

投稿日:

Pocket

ソフトバンク系列の投資ファンドSoftBank Vision Fundとライカが共同で、マルチレンズモバイルカメラを開発している『Light』に約134億円を出資しました。

『Light』の開発するカメラは、異なる焦点距離のレンズを複数利用することで、ノイズの少ない被写界深度を細かく設定できる写真の撮影を可能にしています。複数のレンズで撮影することで撮影後に細かい編集も可能となり、今もっとも注目されている未来のカメラ技術です。

また、物理的に正確な深度情報を素早く得ることが出来るので、自動車やロボット、航空機といった多くの分野での活用が期待されています。

合わせて読みたい関連記事はコチラ

情報を深堀したい人はココから検索

オススメSIMフリースマートフォンBEST3

Galaxy S10+

『自社開発したスーパー有機ELを採用した最高のディスプレイ』『Exynos 9820を搭載することにより実現した最高の処理速度』『トリプルレンズにSamsungの最新センサー及びソフトウェアが組み込まれカメラ画質は世界最高レベル』。全てにおいて最高のスペックを実現している『Galaxy S』シリーズの最新モデル。非の打ちどころがありません。

Xiaomi Mi 9

Snapdragon855を搭載するXiaomiブランドの代表的なフラッグシップモデル。トリプルレンズに進化したカメラはF値の変更が可能となり、これまで以上に最高の画質を追求することが可能に。有機ELディスプレはダークモードに対応し、省電力とクールな見た目を実現します。性能だけじゃなく見た目も最高。これまでに見た事が無い美しさ。

Xiaomi Pocophone F1

最高性能のSocであるSnapdragon845を搭載するコストパフォーマンス世界一のスマートフォン。同じ価格帯でここまで性能の高いモデルは他に無いと断言できます。アップデートにより進化をし続けているのもこの端末の大きな特徴。ゲームをするにも写真を撮るにも最高の一台です。

Copyright© ハイパーガジェット通信 , 2019 All Rights Reserved.