Light L16は16個のレンズを使って超高画質画像が撮れる最強のコンデジ!ついに日本発売開始!

投稿日:

Pocket

先日ソフトバンクとライカが約134億円という巨額出資を発表したばかりの『Light』が開発するマルチレンズカメラ「Light L16」が日本でも購入可能になります!

「Light L16」には製品名の通り16個ものレンズが搭載され、それぞれのレンズが様々な焦点距離において写真を撮影。1度に10枚もの画像を書き出し、その画像を最新のアルゴリズムにより解析し、1枚5200万画素の超高解像度画像に結合します。さらに28mm~150mmの光学5倍ズームに対応したり、被写界深度を切り替えられたりと撮影シーンを増やせる機能をしっかり搭載。

最近のスマートフォンは2枚の写真を同時に撮影してボケ加工を施したりするものが多いですが、「Light L16」の場合は10枚です。その画像の繊細さが感動レベルであることは間違いないでしょう。というかサンプル画像がとりあえずやばいです。

輸入代理店となるのはヴェルテ(株式会社シティ)という企業で、通常の注文による決済以外に、大学や研究機関、上場企業に関しては後払いに対応しています。

お値段は298,000円(税抜)と中々のものですが、フルサイズのカメラよりこちらのコンデジに興味を持つ人は沢山いると思います。誰よりも先に未来の画質を体感してみませんか!?

購入先→ヴェルテ(株式会社シティ) http://welte.jp/

合わせて読みたい関連記事はコチラ

情報を深堀したい人はココから検索

オススメSIMフリースマートフォンBEST3

Galaxy S10+

『自社開発したスーパー有機ELを採用した最高のディスプレイ』『Exynos 9820を搭載することにより実現した最高の処理速度』『トリプルレンズにSamsungの最新センサー及びソフトウェアが組み込まれカメラ画質は世界最高レベル』。全てにおいて最高のスペックを実現している『Galaxy S』シリーズの最新モデル。非の打ちどころがありません。

Xiaomi Mi 9

Snapdragon855を搭載するXiaomiブランドの代表的なフラッグシップモデル。トリプルレンズに進化したカメラはF値の変更が可能となり、これまで以上に最高の画質を追求することが可能に。有機ELディスプレはダークモードに対応し、省電力とクールな見た目を実現します。性能だけじゃなく見た目も最高。これまでに見た事が無い美しさ。

Xiaomi Pocophone F1

最高性能のSocであるSnapdragon845を搭載するコストパフォーマンス世界一のスマートフォン。同じ価格帯でここまで性能の高いモデルは他に無いと断言できます。アップデートにより進化をし続けているのもこの端末の大きな特徴。ゲームをするにも写真を撮るにも最高の一台です。

Copyright© ハイパーガジェット通信 , 2019 All Rights Reserved.