Huawei Mate 20のファームウェア情報からスペックがリーク!SocにはKirin980を搭載予定!

投稿日:

Pocket


 

Huaweiがリリース予定のフラッグシップ機、Mate 20のスペックが、ファームウェア情報からリークされました。

昨年発売されたMate 10は、現在Huaweiのフラッグシップ機に搭載されているKirin 970をはじめて使用した端末でした。今回リリースされるMate20はMate10の後継機種となり、前回と同様最新のSoc、Kirin 980を搭載予定です。

Kirin980はhisiliconのSocでは初となる7nmプロセスを使用し、Kirin970と比較して20%以上のパフォーマンス向上、さらに電力効率を40%以上アップさせるとしています。リークされているbenchmark情報でも35万越えという恐ろしいスコアを記録しており、相当なスペックアップになることは間違いありません。

また、流出したファームウェアの情報によるとMate 20は4200mAhの大容量バッテリーを搭載。電力効率が40%アップすること、ディスプレイに省電力生に優れるAMOLEDが採用されることを考えると、とてつもなく長い連続駆動時間を実現することになります。

さらにMate20以外にもMate10と同様にMate20 Lite、Mate20Proのリリースが予定されており、Mate20 Liteにはミドルレンジに搭載されるSocとしてアップデートされるKirin710を搭載。Mate20ProにはMate20と同様にKirin980が使用され、さらに6.9インチの巨大ディスプレイやディスプレイ内指紋認証、4200万画素のトリプルレンズカメラ、40Wの超急速充電に対応するとのこと。 Emotions UI 9.0とAndroid Pがプリインストールされることにより、まさに最新尽くしのド派手なデビューとなりそうです。

合わせて読みたい関連記事はコチラ

情報を深堀したい人はココから検索

オススメSIMフリースマートフォンBEST3

Galaxy S10+

『自社開発したスーパー有機ELを採用した最高のディスプレイ』『Exynos 9820を搭載することにより実現した最高の処理速度』『トリプルレンズにSamsungの最新センサー及びソフトウェアが組み込まれカメラ画質は世界最高レベル』。全てにおいて最高のスペックを実現している『Galaxy S』シリーズの最新モデル。非の打ちどころがありません。

Xiaomi Mi 9

Snapdragon855を搭載するXiaomiブランドの代表的なフラッグシップモデル。トリプルレンズに進化したカメラはF値の変更が可能となり、これまで以上に最高の画質を追求することが可能に。有機ELディスプレはダークモードに対応し、省電力とクールな見た目を実現します。性能だけじゃなく見た目も最高。これまでに見た事が無い美しさ。

Xiaomi Pocophone F1

最高性能のSocであるSnapdragon845を搭載するコストパフォーマンス世界一のスマートフォン。同じ価格帯でここまで性能の高いモデルは他に無いと断言できます。アップデートにより進化をし続けているのもこの端末の大きな特徴。ゲームをするにも写真を撮るにも最高の一台です。

Copyright© ハイパーガジェット通信 , 2019 All Rights Reserved.