Surface Goは価格、重量どっちも軽い持ち運びに最適な2in1 PC!動作は想像以上に快適かも!?

投稿日:

Pocket

 

Surfaceの廉価版であり、重量も最軽量となった2in1 PC『Surface Go』が日本でも発売開始。

ラインナップは4GB/64GBモデル8GB/128GBの2モデルが用意されます。価格は4GB/64GBモデルが64,800円(税抜)、8GB/128GBモデルが82,800円(税抜)と、それなりの価格差があるので、用途や使う頻度によってどちらのモデルを買うか、かなり悩んでしまいそうです。

ディスプレイサイズは10インチで、解像度は1800×1200。ベゼルが広めなので斬新さはあまり感じられないかもしれません。

気になるCPUにはPentium Gold 4415Yが搭載されています。聞いたことがないCPUだったので調べてみることに。ベンチマークスコアをみると前モデルとなるSurface3に搭載されているAtom X7-Z8700が『25715』なのに対し、Pentium Gold 4415Yは『41686』とかなり高め。Core m3-6Y30が『52234』となっているので、それに近いスコアとなっています。廉価版にはなりますが、想定よりかなり快適にサクサク動作しそうです。さすがGOLD!

 

Office Home & Business 2016がプリインストールされているところも魅力の一つ。別売の『Surface Goタイプカバー』や『Surfaceペン』にも対応。重さはわずか520gと、ノートパソコンと比較すると格段に軽量設計。

廉価版の懸念とされるCPUもそれなりの性能で、連続駆動時間も9時間とかなり長め。こういった実用性の高いモデルは、常に持ち歩いてガンガン使い倒したいですね。

合わせて読みたい関連記事はコチラ

情報を深堀したい人はココから検索

オススメSIMフリースマートフォンBEST3

OnePlus 7 Pro

『処理性能』『ディスプレイ性能』『カメラ性能』『ストレージ性能』など、全てにおいて最高のスペックを求めたい。そんな人を満足させてくれるスマートフォンです。OnePlusというメーカーは、最高スペックのフラッグシップモデルしか作ったことがありません。至高のメーカーが作る至高のスマートフォン。これで満足出来ない人、次はありませんよ。

Xiaomi Mi 9

Snapdragon855を搭載するXiaomiブランドの代表的なフラッグシップモデル。トリプルレンズに進化したカメラはF値の変更が可能となり、これまで以上に最高の画質を追求することが可能に。有機ELディスプレはダークモードに対応し、省電力とクールな見た目を実現します。性能だけじゃなく見た目も最高。これまでに見た事が無い美しさ。

Asus Zenfone 6

『自撮りスマホ』を新たなカテゴリーとして定義したAsusのフラッグシップ機『Zenfone 6』。女性から絶大な支持を受け、現在世界で売り切れ状態に。リアカメラを自動回転させることで世界最高画質で自撮りが出来る!ユーチューバーやインスタグラマーにもオススメです。勿論フラッグシップモデルなので処理能力も抜群。あらゆる面で大活躍しそうな1台です。

Copyright© ハイパーガジェット通信 , 2019 All Rights Reserved.