Surface Goは価格、重量どっちも軽い持ち運びに最適な2in1 PC!動作は想像以上に快適かも!?

投稿日:

 

Surfaceの廉価版であり、重量も最軽量となった2in1 PC『Surface Go』が日本でも発売開始。

ラインナップは4GB/64GBモデル8GB/128GBの2モデルが用意されます。価格は4GB/64GBモデルが64,800円(税抜)、8GB/128GBモデルが82,800円(税抜)と、それなりの価格差があるので、用途や使う頻度によってどちらのモデルを買うか、かなり悩んでしまいそうです。

ディスプレイサイズは10インチで、解像度は1800×1200。ベゼルが広めなので斬新さはあまり感じられないかもしれません。

気になるCPUにはPentium Gold 4415Yが搭載されています。聞いたことがないCPUだったので調べてみることに。ベンチマークスコアをみると前モデルとなるSurface3に搭載されているAtom X7-Z8700が『25715』なのに対し、Pentium Gold 4415Yは『41686』とかなり高め。Core m3-6Y30が『52234』となっているので、それに近いスコアとなっています。廉価版にはなりますが、想定よりかなり快適にサクサク動作しそうです。さすがGOLD!

 

Office Home & Business 2016がプリインストールされているところも魅力の一つ。別売の『Surface Goタイプカバー』や『Surfaceペン』にも対応。重さはわずか520gと、ノートパソコンと比較すると格段に軽量設計。

廉価版の懸念とされるCPUもそれなりの性能で、連続駆動時間も9時間とかなり長め。こういった実用性の高いモデルは、常に持ち歩いてガンガン使い倒したいですね。

合わせて読みたい関連記事はコチラ

オススメSIMフリースマートフォンBEST3

HUAWEI nova lite 3

Socに最新のKirin710を搭載しつつリーズナブルな価格設定を実現。しずく型小型ノッチに縦長比率を採用した6.21インチの大型ディスプレイはトレンド感満点。高品質なデュアルレンズカメラも搭載しているので、写真が好きな人にもオススメです!

UMIDIGI F1

メモリーは4GBと標準的ですが、ストレージが128GBとフラッグシップモデル並みのUMIDIGI F1。動画などを入れて持ち運び多い人にもオススメです。また、電池容量が5150mAhとスタミナスマホを上回るレベルの高容量。超ヘビーユーザーでも満足できる電池持ちに。ディスプレイが6.3インチと大き目なので動画鑑賞にも最適です。SocにはMediaTek Helio P60を搭載。ベンチマークは14万程度で、AI性能もなかなか。総合的にかなりコストパフォーマンスの高いモデルになっています。

Xiaomi Pocophone F1

最高性能のSocであるSnapdragon845を搭載するコストパフォーマンス世界一のスマートフォン。同じ価格帯でここまで性能の高いモデルは他に無いと断言できます。アップデートにより進化をし続けているのもこの端末の大きな特徴。ゲームをするにも写真を撮るにも最高の一台です。

Copyright© ハイパーガジェット通信 | SIMフリースマートフォン/iPhone/タブレット/充電器/便利グッズ , 2019 All Rights Reserved.