Huawei 『Mate 20 Lite』 と初のAI機能搭載スピーカー『AI Cube』をIFA 2018でリリース!

投稿日:

Pocket

 

Huaweiはドイツ ベルリンで開催されているIFA 2018で、Huaewiを代表するスマートフォン、『Mate』の最新シリーズ『Mate 20 Lite』とAI(Amazon Alexa)とWiFiルーター機能を搭載したスピーカー『AI Cube』をリリースしました。

Mate 20 Liteは昨年リリースされたMate 10 Liteの後継機で、SocにはHiSilliconのKirin 710を採用。6.3インチの大型ノッチディスプレイに、2000万画素+200万画素のデュアルレンズカメラを搭載。カメラのレンズはF1.8と大口径で、暗い場所でも手ブレの少ない美しい画像を撮影できます。また、ショッピングアシスタント、ノイズキャンセル、スマートギャラリーといった様々なAI機能をサポート。MicroSDカードは512GBまで利用可能です。ミッドレンジモデルがここまで高性能になると、フラッグシップ機に手を伸ばす人が減るかもしれませんね。

Huawei初のAIスピーカーとなるAI Cubeは4つのスピーカーを内臓。360度方向の音響に対応。Histen技術、アルミニウムダイヤフラム、パッシブラジエータ、遠方音声認識といった技術が採用され、品質を追求したハイクオリティな仕上がりとなっています。音質はさることながら、Amazon Alexaを内臓したことで、音声操作により手軽にニュースを聞いたり、音楽をストリーミングすることが可能に。そして驚くべきことにWiFiルーター機能も搭載。2.4GHz帯と5GHzの両方をサポートし、最大1.2Gbpsの高速通信に対応します。

フラッグシップ並の高機能を搭載したミッドレンジモデルのMate 20 Liteと、AIスピーカーとしては後発品だけにWiFiルーターという新たな機能を搭載した上で品質も高めてきたAI Cube。どちらもIFA 2018で多くの注目を集めていること間違いないでしょう!

合わせて読みたい関連記事はコチラ

情報を深堀したい人はココから検索

オススメSIMフリースマートフォンBEST3

Galaxy S10+

『自社開発したスーパー有機ELを採用した最高のディスプレイ』『Exynos 9820を搭載することにより実現した最高の処理速度』『トリプルレンズにSamsungの最新センサー及びソフトウェアが組み込まれカメラ画質は世界最高レベル』。全てにおいて最高のスペックを実現している『Galaxy S』シリーズの最新モデル。非の打ちどころがありません。

Xiaomi Mi 9

Snapdragon855を搭載するXiaomiブランドの代表的なフラッグシップモデル。トリプルレンズに進化したカメラはF値の変更が可能となり、これまで以上に最高の画質を追求することが可能に。有機ELディスプレはダークモードに対応し、省電力とクールな見た目を実現します。性能だけじゃなく見た目も最高。これまでに見た事が無い美しさ。

Xiaomi Pocophone F1

最高性能のSocであるSnapdragon845を搭載するコストパフォーマンス世界一のスマートフォン。同じ価格帯でここまで性能の高いモデルは他に無いと断言できます。アップデートにより進化をし続けているのもこの端末の大きな特徴。ゲームをするにも写真を撮るにも最高の一台です。

Copyright© ハイパーガジェット通信 , 2019 All Rights Reserved.