Huawei Mate 20 Proはワクワクが詰まった世界最高スペックのスマートフォンとなるのか!

更新日:

 

10月16日にリリース予定の、Huawei史上、というかスマートフォン史上恐らく最高スペックとなるMate 20 Pro。iPhone Xsの発売を確認し、Mate 20 Proを買う決意をかためた人も多いことでしょう。それだけこの端末への期待は大きく、実際その期待を裏切らないでしょう。

リークされたレンダリング画像から、色展開はトワイライト、ブラック、ブルーの3色になることが予想されます。背面から見ると少しGalaxy Note 9に近いイメージ。カメラはほぼ確定のトリプルレンズ仕様。SocがKirin 980にアップデートされることから、NPUも強化され、間違いなくカメラの画質も向上します。つまり現在頂点に君臨するP20 Proを抜き、世界一のスマホカメラとなることは現時点でほぼ確定です。

世界一となるのはカメラだけではありません。リークされているKirin980のAntutuスコアは35万超え!このスコアが本当であれば、Soc性能も世界一ということに。

さらに、少し大きめのノッチ部分には3Dフェイスロック解除機能を搭載。今回新しく発売されたiPhoneのFace IDもアップデートされていますが、同等か恐らくそれ以上のセキュリティ機能となることが期待されます。また、背面に指紋認証が確認できないことから、ディスプレイの中に埋め込まれている可能性が高いです。

さらに驚きなのは、Mate 20 Proはワイヤレス充電器として機能
するかもしれないということです。本体へのワイヤレス充電に対応している端末は沢山ありますが、逆であれば世界初です。

これまではiPhoneが世界をワクワクさせるスマートフォンとして先頭走ってきましたが、そろそろ世代交代の時期が迫っているのかもしれません。Mate 20 Pro!楽しみすぎる!

合わせて読みたい関連記事はコチラ

オススメSIMフリースマートフォンBEST3

HUAWEI nova lite 3

Socに最新のKirin710を搭載しつつリーズナブルな価格設定を実現。しずく型小型ノッチに縦長比率を採用した6.21インチの大型ディスプレイはトレンド感満点。高品質なデュアルレンズカメラも搭載しているので、写真が好きな人にもオススメです!

UMIDIGI F1

メモリーは4GBと標準的ですが、ストレージが128GBとフラッグシップモデル並みのUMIDIGI F1。動画などを入れて持ち運び多い人にもオススメです。また、電池容量が5150mAhとスタミナスマホを上回るレベルの高容量。超ヘビーユーザーでも満足できる電池持ちに。ディスプレイが6.3インチと大き目なので動画鑑賞にも最適です。SocにはMediaTek Helio P60を搭載。ベンチマークは14万程度で、AI性能もなかなか。総合的にかなりコストパフォーマンスの高いモデルになっています。

Xiaomi Pocophone F1

最高性能のSocであるSnapdragon845を搭載するコストパフォーマンス世界一のスマートフォン。同じ価格帯でここまで性能の高いモデルは他に無いと断言できます。アップデートにより進化をし続けているのもこの端末の大きな特徴。ゲームをするにも写真を撮るにも最高の一台です。

Copyright© ハイパーガジェット通信 | SIMフリースマートフォン/iPhone/タブレット/充電器/便利グッズ , 2019 All Rights Reserved.