OPPO Find X がくるだって!?世界最先端技術が詰まった本気端末が奇跡の日本上陸!

Pocket
Facebook にシェア

 

OPPO Japanの公式TwitterでFind Xの日本発売が決定(正確には10月19日のイベントで発表)されたのを見て、正直目を疑いました。最近は日本向きの端末を続々とリリースして、少しずつ存在感を増してきていたOPPOですが、まさかここにきてFind Xを投入してくるとは思いませんでした。

Find Xは自動スライド式フロントカメラを搭載することにより、ノッチスペースがなく画面占有率は92.25%。占有率が90%を超えるスマートフォンは、フルディスプレイデザインが一般的になった今でもそうはありません。最近発売開始されたiPhone Xsでも80%程度です。

フロントカメラは画面を軽くなぞることで瞬時にスライドし、顔認証を行います。この顔認証技術もVIVVOのNEX Sに搭載されているものなどと比較しても非常に高く、iPhone Xなどと同様の立体的な3D認証を行い、セキュリティと精度は指紋認証の20倍以上。

Socにはフラッグシップ機御用達(フラッグシップ機は車でいうところのF1なので、最高スペックの部品が多数使われます)のSnapdragon 845。カメラは1600万画素+2000万画素のデュアルレンズです。カメラには世界的な定評があるOPPOなので、画質の良さも間違いないでしょう。

ディスプレイはSAMSUNGのスーパーAMOLEDを採用したインフィニティディスプレイ。これでもかってくらい最高技術がてんこもりされてます。

海外では13万程度で発売がスタートしたFind Xだったので、市場販売価格が高騰する日本ではまず発売するのは難しいであろうと考えていました。素晴らしい端末であることは間違いないですが、価格にシビアになっている日本市場で13万以上の価格設定ではまず売れないと断言できます。価格も含めどういった戦略でマーケティングを行うのか、そっちの方が興味津々です!

合わせて読みたい関連記事はコチラ

情報を深堀したい人はココから検索

オススメSIMフリースマートフォンBEST3

Xiaomi Redmi Note 9S

2万円台という低価格ながら、ミッドレンジクラスでトップクラスの処理能力をもつXiaomi の『Redmi Note 9S』。圧倒的な高い処理能力を実現するのは、『Snapdragon 720G』という超高性能Socを搭載しているから。さらに、電池容量は『5,020mAh』、『6.67インチ』の超大画面、Xiaomiの技術が凝縮された『AI4眼カメラ』と、どれも販売価格を大幅に上回る高性能。コストパフォーマンスの高さを重視してスマートフォンを選ぶのであれば、間違いなくオススメしたい究極の1台。

OPPO Reno A

『おサイフケータイ対応』『IPX 7の高い防水性能』『ハイミッドレンジ用のSnapdragon 710搭載』『有機ELディスプレイ採用』『大容量6GBメモリ』といった超贅沢仕様で、SIMフリースマートフォン市場で『コスパ最強モデル』の代名詞となっている『OPPO Reno A』。『おサイフケータイ』が使えて『ゲームもサクサク遊びたい』、さらに『価格も安い方が良い』という超欲張りな人にでもオススメ出来る希少モデル。

Xiaomi Mi Note 10 Lite

世界トップクラスのスマートフォンカメラ画質を持つXiaomi『Mi Note 10』の兄弟モデルとなる『Mi Note 10 Lite』。『Lite』とは名ばかりで、有機ELディスプレイから背面にかけて施された美しい3D立体デザインはどう見てもフラッグシップモデル。さらにゲーム特化型となるSnapdragon 730Gの採用により、ゲームも快適にプレイする事が可能です。勿論『Mi Note 10』譲りのカメラ画質が『Mi Note 10 Lite』の一番の魅力。トータルで大満足出来るハイミッドレンジモデルです。

Copyright© ハイパーガジェット通信 , 2020 All Rights Reserved.