FlexPaiは折りたたみ式スマートフォンを世界ではじめてリリース!SAMSUNGよりAppleより早かった!

更新日:

折りたためるスマートフォンの特許がうんちゃら・・・昨年あたりから出始めていた話題の一つです。特許の図面や試作段階のサンプルの情報はあれど、実際にリリースには至っていませんでした。そしてもしリリースされるとしたら、最初に出すのはSAMSUNGだろう、と勝手に思っていました。

しかし折りたたみスマートフォンのリリース第一号はSAMSUNGではありませんでした!私ははじめて耳にするメーカーで、その名は『Royole』。中国に拠点を置く有機ELのメーカーです。これまでは開発力が足りずに製品化までたどり着けなかったパネルメーカーが、SAMSUNGやAppleといった巨大企業を差し置いてスマートフォンの最先端モデルを先行リリース。時代の流れというか、改めて中国の驚異を感じます。ちなみに端末名は『FlexPai』です。

『FlexPai』は大きくディスプレイを広げた状態で画面サイズは7.8インチにまで拡大。これはスマートフォンではなく、完全にタブレットですね。もちろん折りたたむとサイズは半分になり、スマートフォンとしての利用が可能。折りたたみに関しては20万回以上の耐久テストが行われており、折りたたむ動作により壊れるといったことはまず無いでしょう。

また、折りたたんだ際の横面は通知アイコンの表示などが可能に。Galaxyにちょっと似てますね。さらに表と裏を全く別のディスプレイとして認識し、違うアプリケーションを起動させることも可能。これは色々な利用方法が考えられそうです。

カメラもしっかりついてます。しかもデュアルレンズで2000万画素+1600万画素と高解像度。

Socには未発表のSnapdragon 8150と呼ばれるものが搭載されているとか!このSocの出荷は来年度からとされているので、色々な意味でフライングの要素が含まれているのかもしれません。価格は128GBモデルが約15万円〜。いやあ最新技術だけあって流石に高いですね。しかし最先端技術に触れてみたいという人の欲求は叶えてくれそうです。買わずともまずは実機に触れてみたいですね!

合わせて読みたい関連記事はコチラ

情報を深堀したい人はココから検索

オススメSIMフリースマートフォンBEST3

HUAWEI nova lite 3

Socに最新のKirin710を搭載しつつリーズナブルな価格設定を実現。しずく型小型ノッチに縦長比率を採用した6.21インチの大型ディスプレイはトレンド感満点。高品質なデュアルレンズカメラも搭載しているので、写真が好きな人にもオススメです!

Huawei Mate 20 Pro

世界最高評価を受けているカメラに有機ELの大画面を搭載。Socにも最新のKirin980を搭載し、まさに非の打ち所のない、フラッグシップモデルの一つ。AI機能の進化を体感できる一台でもあり、多少高くても最高性能を求めている人にオススメです。

Xiaomi Pocophone F1

最高性能のSocであるSnapdragon845を搭載するコストパフォーマンス世界一のスマートフォン。同じ価格帯でここまで性能の高いモデルは他に無いと断言できます。アップデートにより進化をし続けているのもこの端末の大きな特徴。ゲームをするにも写真を撮るにも最高の一台です。

Copyright© ハイパーガジェット通信 | SIMフリースマートフォン/iPhone/タブレット/充電器/便利グッズ , 2019 All Rights Reserved.