CHUWI Hi9 PlusはiPad Proが高いと思う人にオススメしたい、ハイコスパタブレット!

投稿日:

Pocket

日本でも徐々に名前が知れ渡りはじめた中国のPCメーカーCHUWI。新製品として薄型のタブレット「CHUWI Hi9 Plus」をリリースしました。

日本のタブレット市場はAppleとHuaweiの2強といったイメージですが、「CHUWI Hi9 Plus」もコストパフォーマンスでは負けていません。むしろコストパフォーマンスで言えば圧倒的に勝っているかもしれません。

素材には60以上のプロセスを経て作られた頑丈で高品質なアルミ合金を使用。形状は背面にかけて緩やかに湾曲し、持ちやすさを向上させています。

また、ディスプレイにはガラス面と液晶面の段差をなくしたOGS方式を採用。これにより、2560 x 1600の高解像度をより鮮やかに表示させることが可能に。

さらにバッテリーは7,000mAhの大容量。バッテリーを大きくすることは重量アップにつながりますが、「CHUWI Hi9 Plus」の重量はわずか500g程度。iPad Proの重さは約631gなので、比較すると131g軽いということになります。また、厚みもたったの8.1mmであることも特徴の一つです。

SocにはHelio X27を採用。Antutuのベンチマークは11万前後となっており、これはかなり優秀な部類です。ゲームだってサクサク動きます。

メモリーは4GBでストレージが64GB。iPad Proとは違い、Micro SDカードもしっかりと使えます。さらに通信では4G LTEをサポートし、800万画素のシングルレンズカメラがフロントとバックに備えられています。専用のキーボードケースやスタイラスペンも用意されているので、ノマドワーカーにもオススメです。

価格は22,500円程度とかなり魅力。これは国内で販売されている同様のモデルと比較しても相当安いです。タブレットの購入を検討している人は是非候補の一つにあげてみては!

合わせて読みたい関連記事はコチラ

情報を深堀したい人はココから検索

オススメSIMフリースマートフォンBEST3

OnePlus 7 Pro

『処理性能』『ディスプレイ性能』『カメラ性能』『ストレージ性能』など、全てにおいて最高のスペックを求めたい。そんな人を満足させてくれるスマートフォンです。OnePlusというメーカーは、最高スペックのフラッグシップモデルしか作ったことがありません。至高のメーカーが作る至高のスマートフォン。これで満足出来ない人、次はありませんよ。

Xiaomi Mi 9

Snapdragon855を搭載するXiaomiブランドの代表的なフラッグシップモデル。トリプルレンズに進化したカメラはF値の変更が可能となり、これまで以上に最高の画質を追求することが可能に。有機ELディスプレはダークモードに対応し、省電力とクールな見た目を実現します。性能だけじゃなく見た目も最高。これまでに見た事が無い美しさ。

Asus Zenfone 6

『自撮りスマホ』を新たなカテゴリーとして定義したAsusのフラッグシップ機『Zenfone 6』。女性から絶大な支持を受け、現在世界で売り切れ状態に。リアカメラを自動回転させることで世界最高画質で自撮りが出来る!ユーチューバーやインスタグラマーにもオススメです。勿論フラッグシップモデルなので処理能力も抜群。あらゆる面で大活躍しそうな1台です。

Copyright© ハイパーガジェット通信 , 2019 All Rights Reserved.