Vivo Z1 Liteはこの見た目で18,000円!スマホ業界に値崩れ警報発令中!

更新日:

スマートフォンメーカーのVivoが、ミドルレンジ向けの新モデル『Vivo Z1 Lite』をリリースしました。

Vivo Z1 Liteはすでに発売されているVivo Z1のライトモデルです。フルディスプレイな最先端デザインは継承しているので、見た目特化でそれなりのスマートフォンを安く手に入れたい人にはまさにうってつけのモデル。

ディスプレイサイズは6.26インチと大型LCD。解像度はフルHD+(1080x2280ピクセル)となっています。Socには省エネ性能に優れるSnapdragon626を搭載し、安い価格帯ながら安定した動作を実現しています。メモリーは4GBでストレージは32GBとやや少なめ。しかし256GBまでのMicro SDカードをサポートするので、容量の拡張は容易です。

背面には1600万画素+200万画素のデュアルレンズカメラを搭載。ボケ味が楽しめるポートレートモードやAR撮影機能もしっかりとサポートし、遊び的な要素もしっかりと備えています。また、重さが149.3gと、大画面ながら軽量設計なのもVivo Z1 Liteの特徴の一つ。

価格は18,000円程度とエントリーモデル並みの安さ!高級感溢れる見た目からは想像できません。カラーはミラーグラデーション仕上げのオーロラパープル、ブラック、レッドの3色展開。

合わせて読みたい関連記事はコチラ

オススメSIMフリースマートフォンBEST3

HUAWEI nova lite 3

Socに最新のKirin710を搭載しつつリーズナブルな価格設定を実現。しずく型小型ノッチに縦長比率を採用した6.21インチの大型ディスプレイはトレンド感満点。高品質なデュアルレンズカメラも搭載しているので、写真が好きな人にもオススメです!

UMIDIGI F1

メモリーは4GBと標準的ですが、ストレージが128GBとフラッグシップモデル並みのUMIDIGI F1。動画などを入れて持ち運び多い人にもオススメです。また、電池容量が5150mAhとスタミナスマホを上回るレベルの高容量。超ヘビーユーザーでも満足できる電池持ちに。ディスプレイが6.3インチと大き目なので動画鑑賞にも最適です。SocにはMediaTek Helio P60を搭載。ベンチマークは14万程度で、AI性能もなかなか。総合的にかなりコストパフォーマンスの高いモデルになっています。

Xiaomi Pocophone F1

最高性能のSocであるSnapdragon845を搭載するコストパフォーマンス世界一のスマートフォン。同じ価格帯でここまで性能の高いモデルは他に無いと断言できます。アップデートにより進化をし続けているのもこの端末の大きな特徴。ゲームをするにも写真を撮るにも最高の一台です。

Copyright© ハイパーガジェット通信 | SIMフリースマートフォン/iPhone/タブレット/充電器/便利グッズ , 2019 All Rights Reserved.