Huawei Honor 10 Liteは氷のような美しさ!Kirin710を搭載して大幅な進化を遂げた超ミドルレンジスマホ!

Pocket
Facebook にシェア


HuaweiのサブブランドであるHonorが、ミドルレンジスペックの新型スマートフォン『Honor 10 Lite』の発売を開始しました。

Honor 10 Liteは6.21インチのフルHD +(1080x2340ピクセル)大画面ディスプレイを採用。大画面をめいいっぱい使うことができる水滴型の小型ノッチを採用することで、これまで以上に開放的な視野を実現しています。

Socには最新のKirin 710を搭載。Kirin 710はミッドレンジ用に開発されたSocですが、Antutuのベンチマークは14万近くまで上昇。このスコアであれば、PUBGや荒野行動といった本格的なスマホゲームもサクサク動作します。

カメラは1300万画素+200万画素のデュアルレンズ仕様。メインレンズがf/1.8と大口径であることから、綺麗なボケ味や光の少ない場所でも安定した描写を可能としています。さらにHonor 10 Liteが採用しているKirin 710はAI機能も強化されており、その恩恵はカメラにも活かされています。AIモードで撮影すれば、細かい設定が苦手な人でもベストな設定は自動的に選択。最高の一枚を簡単に撮ることができます。

また、Honor 10 Liteには最新OSであるAndroid 9.0 PieをベースにしたEMUI 9.0.1がインストールされているので、システムベースでも最新の環境をデフォルトで利用可能。

カラーはGradient Blue、Gradient Red、Lily Valley White、Magic Night Blackの4色展開。4GB RAM / 64GBモデルが23,000円程度、6GB RAM / 64GBモデルが28,000円程度、6GB RAM / 128GBモデルが31,000円程度となっています。

高級感も抜群でSoc性能もミッドレンジモデルとは思えないほど高性能。大半の人は満足するであろうスペックの高さはもはや『Lite』とは呼べないかもしれません!

合わせて読みたい関連記事はコチラ

情報を深堀したい人はココから検索

オススメSIMフリースマートフォンBEST3

Xiaomi Redmi Note 9S

2万円台という低価格ながら、ミッドレンジクラスでトップクラスの処理能力をもつXiaomi の『Redmi Note 9S』。圧倒的な高い処理能力を実現するのは、『Snapdragon 720G』という超高性能Socを搭載しているから。さらに、電池容量は『5,020mAh』、『6.67インチ』の超大画面、Xiaomiの技術が凝縮された『AI4眼カメラ』と、どれも販売価格を大幅に上回る高性能。コストパフォーマンスの高さを重視してスマートフォンを選ぶのであれば、間違いなくオススメしたい究極の1台。

OPPO Reno A

『おサイフケータイ対応』『IPX 7の高い防水性能』『ハイミッドレンジ用のSnapdragon 710搭載』『有機ELディスプレイ採用』『大容量6GBメモリ』といった超贅沢仕様で、SIMフリースマートフォン市場で『コスパ最強モデル』の代名詞となっている『OPPO Reno A』。『おサイフケータイ』が使えて『ゲームもサクサク遊びたい』、さらに『価格も安い方が良い』という超欲張りな人にでもオススメ出来る希少モデル。

Xiaomi Mi Note 10 Lite

世界トップクラスのスマートフォンカメラ画質を持つXiaomi『Mi Note 10』の兄弟モデルとなる『Mi Note 10 Lite』。『Lite』とは名ばかりで、有機ELディスプレイから背面にかけて施された美しい3D立体デザインはどう見てもフラッグシップモデル。さらにゲーム特化型となるSnapdragon 730Gの採用により、ゲームも快適にプレイする事が可能です。勿論『Mi Note 10』譲りのカメラ画質が『Mi Note 10 Lite』の一番の魅力。トータルで大満足出来るハイミッドレンジモデルです。

Copyright© ハイパーガジェット通信 , 2020 All Rights Reserved.