Lenovo Z5sはトリプルレンズにスナドラ710搭載で2万3千円!PCの王者がスマホ市場を破壊スル!

Pocket
Facebook にシェア

Lenovoはミッドレンジモデルの中でも上位に位置するトリプルレンズカメラを搭載した『Lenovo Z5s』をリリースしました。

Lenovo Z5sは6.3インチのLTPSディスプレイを搭載。LTPSはジャパンディスプレイが開発をすすめている技術で、応答速度が早く動画をくっきりと表示できたり、トランジスタが小さいためベゼルレススマートフォンで扱いやすいといった特徴があります。最近ではAMOLEDにばかり目がいきがちですが、LTPSの進化にも大注目です。

全面ベゼルレスと水滴型ディスプレイを採用したことにより、画面占有率は92.6%と驚くレベルに。少し前のLenovoはフルディスプレイデザイン詐欺のイメージを持たれてしまっていましたが、今では完全にそれを覆し、圧倒的な画面占有率を誇るスマートフォンを連続でリリースしています。

また、さらに驚かされるのはトリプルレンズの採用です。最近では主流になりつつあるトリプルレンズですが、HuaweiやOPPOといったカメラ技術に元から定評のあるメーカーが先導しているイメージでした。しかしここにきて、スマートフォン業界ではまだ歴史の浅いLenovoが驚きの早さでトリプルレンズ搭載モデルをリリースしてきました。これにはLenovoの本気がかなり伝わり、来年はさらにその勢いは加速することでしょう。メインレンズは1600万画素でF/1.8と大口径仕様。セカンドレンズは800万画素、サードレンズは500万画素となっています。

Socにはミドルレンジ向けで最も処理速度が速いSnapdragon710を搭載。このクラスになるとフラッグシップモデルとの差は僅かです。メモリー6GBにストレージ128GBと、こちらもミッドレンジモデルとしては最上位。さらにゲームユーザーも安心して使えるゲームターボ機能まで搭載されています。Lenovo Z5sはフラッグシップモデルユーザーが購入しても満足できる端末と言えるでしょう。

価格はまさかの23,000円程度。さすがにこの価格にはやりすぎ感が感じられます。Xiaomiでも無理じゃないでしょうか。他の分野でも稼ぎまくっているLenovoだからこそできる設定かもしれません。発売開始は12月24日のクリスマスイブ!自分へのプレゼントに購入もアリですね!

 

合わせて読みたい関連記事はコチラ

情報を深堀したい人はココから検索

オススメSIMフリースマートフォンBEST3

Xiaomi Redmi Note 9S

2万円台という低価格ながら、ミッドレンジクラスでトップクラスの処理能力をもつXiaomi の『Redmi Note 9S』。圧倒的な高い処理能力を実現するのは、『Snapdragon 720G』という超高性能Socを搭載しているから。さらに、電池容量は『5,020mAh』、『6.67インチ』の超大画面、Xiaomiの技術が凝縮された『AI4眼カメラ』と、どれも販売価格を大幅に上回る高性能。コストパフォーマンスの高さを重視してスマートフォンを選ぶのであれば、間違いなくオススメしたい究極の1台。

OPPO Reno A

『おサイフケータイ対応』『IPX 7の高い防水性能』『ハイミッドレンジ用のSnapdragon 710搭載』『有機ELディスプレイ採用』『大容量6GBメモリ』といった超贅沢仕様で、SIMフリースマートフォン市場で『コスパ最強モデル』の代名詞となっている『OPPO Reno A』。『おサイフケータイ』が使えて『ゲームもサクサク遊びたい』、さらに『価格も安い方が良い』という超欲張りな人にでもオススメ出来る希少モデル。

Xiaomi Mi Note 10 Lite

世界トップクラスのスマートフォンカメラ画質を持つXiaomi『Mi Note 10』の兄弟モデルとなる『Mi Note 10 Lite』。『Lite』とは名ばかりで、有機ELディスプレイから背面にかけて施された美しい3D立体デザインはどう見てもフラッグシップモデル。さらにゲーム特化型となるSnapdragon 730Gの採用により、ゲームも快適にプレイする事が可能です。勿論『Mi Note 10』譲りのカメラ画質が『Mi Note 10 Lite』の一番の魅力。トータルで大満足出来るハイミッドレンジモデルです。

Copyright© ハイパーガジェット通信 , 2020 All Rights Reserved.