Anker Soundcore Liberty AirはAir Podsより欲しくなる高機能!なのに半額以下の7999円!コレは買いだ!

バッテリーブランドとして最も有名なANKERが左右分離型イヤフォンの最新シリーズ『Soundcore Liberty Air』をリリースしました。

Soundcore Liberty Airは最新のBluetooth5.0規格に対応し、高い省電力性能に加え、通信速度の高速化により音声の遅延も低減。障害物の無い場所での通信範囲は400mに及びます。

また、左右分離型タイプのイヤフォンは連続再生時間が短くなるという短所がありますが、Soundcore Liberty AirはバッテリーメーカーANKERが作っているだけのことがあり、小型の筐体ながら5時間の連続再生に対応。これは左右分離型イヤフォンの代表格、AppleのAir Podsと同等の長さ。価格では大きく下回るだけに、コストパフォーマンスの高さがうかがえます。付属の専用ケースに収納することで充電することも可能。ケースによる充電を加えると、最大20時間の連続使用が可能になります。通勤や通学に使っている人であれば、週に一回程度の充電で十分でしょう。

そしてSoundcore Liberty Airはやはり音楽を聴くものなので、音質にも当然こだわっています。ダイヤモンドより硬度と言われるグラフェンを採用することで、音を伝える速さを極限まで高め、クリアで高周波域に優れたキレのある高音質を実現。

ノイズキャンセリング機能は『通話をして話す時』『音楽を聴くとき』の両方に対応。話すときも聴くときも、周囲の騒音を気にせずにすむのは、ハイエンドモデル以外では実現不可能なこと。

さらにイヤフォンにはタッチパッドを搭載。耳につけた状態で軽くタッチすることで、電話の着信に加え、曲の再生、曲送り、停止などを簡単に行うことができます。音声アシスタントも起動可能なので、操作性の幅はさらに広がります。

充電ケースから取り出すと接続を開始し、ケースに戻すことで接続を切るのもAirPodsと同じ便利機能。この機能は一度慣れてしまうと、非対応のイヤフォンには戻れません。

これだけ高性能が詰まった、最近流行りの左右分離型の、しかもANKERブランドのイヤフォン。高そうです。Air Podsより高そうです。それが驚きの7999円。イヤフォン選びに迷っていた人。これは買いです。

 

合わせて読みたい関連記事はコチラ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です