Honor View 20は最新デザインと最強カメラにKirin980までぶち込んだやりすぎ感満点なスマホ!

Pocket

Huaweiがフランスのパリで開催されたイベントの中で、最新のフラッグシップモデル『Honor View 20』をリリースしました。

Honor View 20は最新トレンドであるディスプレイ内フロントカメラ(2500万画素)を搭載。さらにゲームを快適に行うためのGPU TURBO2.0や最新で最強のSoc Kirin 980に液冷機能、さらに4800万画素のリアカメラは3D ToFセンサーを搭載しています。

Honor View 20のディスプレイサイズは6.4インチ。解像度はフルHD+(1080 x 2310ピクセル)で、ディスプレイにフロントカメラを埋め込んだことにより画面占有率は91.82%にまで向上しています。有機ELではなくIPSを採用しているのは好みの分かれるところ。

リアカメラはf/1.8の大口径レンズを採用し、メインレンズの解像度は非常に高く4800万画素。これには1200万画素の4つの画像を1つにするピクセルビニング機能が使われています。ピクセルビニングにより、光の取得量が増えたことによりSuper Night Viewモードに対応。手持ちで驚くほど綺麗な夜景を撮ることができます。また、3D ToFセンサーを用いることで高度な距離測定が可能となり、より自然な違和感の無いボケ表現が可能に。

デュアルGPSやトリプルwi-fiなど最新の通信技術もしっかりサポート。充電速度は何と22.5W!30分で55%の超急速充電を行います。

価格は6/128GBモデルガ48000円程度、8GB/128GBモデルガ56000円程度、特別モデルのモスキーノバージョンは8GB/256GBで64000円程度。日本で発売されている10万円を超えるモデルに近い性能、いやそれらを上回っているのにこのお値段。安すぎます。実際のところ6/128GBモデルで十分ですしね。5万切ってます・・・。中国での発売は12月28日から。実力行使で風評被害を吹き飛ばせ!

合わせて読みたい関連記事はコチラ

情報を深堀したい人はココから検索

オススメSIMフリースマートフォンBEST3

OnePlus 7T

『Snapdragon 855 Plus』『3眼カメラ』『90Hzディスプレイ』の採用と、前モデルから大幅なアップデートを果たした『OnePlus 7T』。スマートフォントップクラスの性能を持ちながら価格は据え置かれ、コスパナンバーワンモデルに。しかしあまりに人気が出過ぎて世界中で品薄状態。持ってるだけで大注目される、世界屈指のフラッグシップです。

Xiaomi Mi Note 10

『1億800万画素カメラ』『光学5倍ズーム』という、世界最高スペックとなるカメラ機能を搭載する『Xiaomi Mi Note 10』。ハード面を大幅に強化したことにより、これまでのスマートフォンとは別次元の描写が可能に。デュアル4軸光学式手ブレ補正により、写真だけでなく動画の画質も向上。カメラ機能を重視したい人には迷わず買って欲しい、モンスターカメラスマホ。

OnePlus 7T Pro

Androidの帝王『OnePlus 7 Pro』に『Snapdragon 855 Plus』が搭載され、更に処理速度がアップ。6.67インチの巨大なディスプレイは『90Hz』の高速表示に対応。カメラ画質も世界トップクラスの評価を受けています。デザインも洗練され、全てにおいて完璧なのがOnePlus 7 Pro。このスマートフォンで満足出来ない人は恐らくいないはず。

Copyright© ハイパーガジェット通信 , 2019 All Rights Reserved.