PowerWatch2は充電要らず!着けっぱなしで常時点灯・モニタリング可能な究極のスマートウォッチ!GPSまでついてる!

投稿日:

スマートウォッチと言えば健康管理。出来れば着けっぱなしの状態が、きちんとモニタにングできるので好ましいです。しかし所詮は腕に着けるモノ。電池の容量が限られてしまいます。電池容量を大きくして筐体がゴツくなってしまっては本末転倒。見た目も重さも耐えられるレベルにはならないでしょう。

Apple Watchも、通信頻度の低い状態で利用して電池の持ちはせいぜい2日。その後は腕から外し、充電しなければなりません。寝る前に充電を開始すると寝ている間はずっと外していることに。

出かける前に電池が切れても同じことです。Apple Watch用のモバイルバッテリーを購入すれば外している時間は最短時間におさえられますが、少々わずわしさを感じてしまうのは事実。

PowerWatch2』はそんな実現不可能だとされた、常に腕につけっぱなし、常時健康管理可能な夢のようなスマートウォッチです。

前モデルとなる『PowerWatch』は、独自技術により体温からの充電が可能でした。それだけでも十分すごいのですが、今回は体温に加え太陽光からも発電が可能に。Wで充電出来るなんてテクノロジー感半端ないですね!

そんな強力な充電機能を備えたPowerWatch2はカラーディスプレイ搭載。長時間駆動を売りにするスマートウォッチは大体モノクロのペーパーディスプレイが採用されています。情報を見るだけと考えれば納得はできますが、カラーディスプレイに比べれば見劣りするのは言うまでも無いところ。

そしてスマートウォッチと言えば、通常時はディスプレイが消灯していて、腕を傾けるとディスプレイが点灯するというのが当たり前。省エネなのはいい事ですし、必要な時に情報が見れるのだからそれで良い気もします。しかし時計としてはイマイチ。PowerWatch2はディスプレイの常時点灯が可能に。これは完全に時計です!スマートウォッチなのに腕を下ろしてる時にも情報をきちんと表示している。そして充電も必要ない。これは果てしない満足感を得られること間違いなし。

その他通常の機能としては、着信やメッセージの通知。歩数のカウントや消費カロリーの計測。そして人気の心拍センサーにGPSまで装備しています。

GPS機能を使うと消費電力が大幅に高まるので、連続駆動時間が大幅に短くなります。1日なんて、とてもじゃないけど持ちません。PowerWatch2はまさか、GPS機能をONの状態にしていても充電いらずなのか・・・?もしそうなのだとしたら、それだけで絶対に買いです!!

PowerWatch2はクラウドファンディングのindiegogoで199ドルから出資受付中。安すぎる・・・・

合わせて読みたい関連記事はコチラ

オススメSIMフリースマートフォンBEST3

HUAWEI nova lite 3

Socに最新のKirin710を搭載しつつリーズナブルな価格設定を実現。しずく型小型ノッチに縦長比率を採用した6.21インチの大型ディスプレイはトレンド感満点。高品質なデュアルレンズカメラも搭載しているので、写真が好きな人にもオススメです!

UMIDIGI F1

メモリーは4GBと標準的ですが、ストレージが128GBとフラッグシップモデル並みのUMIDIGI F1。動画などを入れて持ち運び多い人にもオススメです。また、電池容量が5150mAhとスタミナスマホを上回るレベルの高容量。超ヘビーユーザーでも満足できる電池持ちに。ディスプレイが6.3インチと大き目なので動画鑑賞にも最適です。SocにはMediaTek Helio P60を搭載。ベンチマークは14万程度で、AI性能もなかなか。総合的にかなりコストパフォーマンスの高いモデルになっています。

Zenfone Max Pro M2

大容量バッテリー5000mAhに高性能なSnapdragon660を搭載し、カメラ性能や音質もアップしたスーパースタミナスマホ。スマホヘビーユーザーに一番オススメしたいのはコレ!

Copyright© ハイパーガジェット通信 | SIMフリースマートフォン/iPhone/タブレット/充電器/便利グッズ , 2019 All Rights Reserved.