Xperia 1はトリプルレンズ、4Kディスプレイ、スナドラ855搭載でSONYが放つ真のフラッグシップモデルに!

Pocket

ソニーモバイルが最新のフラッグシップ機Xperia 1をリリースしました。

Xperia 1は4K解像度のディスプレイを搭載。前モデルとなるXZ2 Premiumと比較すると、画面サイズが5.8インチから6.5インチに拡大。ディスプレイ比率は21:9とかなり縦長に。4K解像度の恩恵は、画面サイズを大きくしたほうがコストは高くなりますが確実に受けられます。5.8インチだとほぼ分からないレベルだったでしょうが、6.5インチになればその美しさを体感できます(本当はタブレットサイズが望ましいですが)。

さらに、映像をハイコントラストなHDRにアップコンバートする独自機能も搭載。クリエイターモードも追加され、4Kの解像度も含め、ディスプレイのクオリティを極限まで高めています。

また、Xperia XZ2がカメラ性能としてはイマイチなデュアルレンズカメラだったのに対し、Xperia 1はトリプルレンズカメラを搭載。

解像度はそれぞれのレンズが1200万画素で、メインレンズが26mm(f1.6)、セカンドレンズが52mm(f2.4)、サードレンズが16mm(f2.4)となっていて、広角撮影に加え、ボケ味を活かした撮影も可能となりました。このあたりもXperia XZ2と比較して大幅な進化といえるでしょう。さらにイメージセンサーや画像処理エンジン性能も向上。暗所での撮影がさらに快適になりました。

SocはSnapdragon855を搭載。855を搭載した端末のリリースラッシュですね。個人的には845で満足してしまいそうですが。IP65/IP68の防水防塵性能も装備し、使い勝手は抜群です。

価格は6GB/128GBがヨーロッパで約12万程度。恐らく日本ではさらに高額になるでしょう。高い・・・やっぱりXiaomi Mi 9が欲しい。

合わせて読みたい関連記事はコチラ

情報を深堀したい人はココから検索

オススメSIMフリースマートフォンBEST3

OnePlus 7T

『Snapdragon 855 Plus』『3眼カメラ』『90Hzディスプレイ』の採用と、前モデルから大幅なアップデートを果たした『OnePlus 7T』。スマートフォントップクラスの性能を持ちながら価格は据え置かれ、コスパナンバーワンモデルに。しかしあまりに人気が出過ぎて世界中で品薄状態。持ってるだけで大注目される、世界屈指のフラッグシップです。

Xiaomi Mi Note 10

『1億800万画素カメラ』『光学5倍ズーム』という、世界最高スペックとなるカメラ機能を搭載する『Xiaomi Mi Note 10』。ハード面を大幅に強化したことにより、これまでのスマートフォンとは別次元の描写が可能に。デュアル4軸光学式手ブレ補正により、写真だけでなく動画の画質も向上。カメラ機能を重視したい人には迷わず買って欲しい、モンスターカメラスマホ。

OnePlus 7T Pro

Androidの帝王『OnePlus 7 Pro』に『Snapdragon 855 Plus』が搭載され、更に処理速度がアップ。6.67インチの巨大なディスプレイは『90Hz』の高速表示に対応。カメラ画質も世界トップクラスの評価を受けています。デザインも洗練され、全てにおいて完璧なのがOnePlus 7 Pro。このスマートフォンで満足出来ない人は恐らくいないはず。

Copyright© ハイパーガジェット通信 , 2019 All Rights Reserved.