HUAWEI Pシリーズを振り返ろう! 回想その3 『Ascend P6』

投稿日:

Pocket

セカンドモデルまでは順を追っていたモデル名ですが、サードモデルにして3となるはずの数字をいきなり6に!『Ascend P6』が3番目に発売されたPシリーズです。

Ascend P6は2013年6月に発売。Ascend P2と比較して薄目のベゼルが特徴で、性能だけでなくデザイン的にも進化を遂げました。OSはAndroid 4.2.2 Jelly BeanをカスタマイズしたEMUI 1.6。

ディスプレイサイズはAscend P2と変わらず4.7インチ。解像度もHD(1280×720)のまま。SocはHuawei K3V2。これまた聞いたことがありません。このころはメーカー名がSocにそのままつけられていたんですね。個人的にはKirinという名称の方が断然格好良く感じます。

メモリーは2GBでストレージは8GBと16GBの2モデル。これで足りてたんですねえ。電池容量は2000mAhと微妙にダウン。そしてなぜかカメラの解像度も800万画素にダウン。

あれれ・・・?まあ解像度上げすぎると、ストレージ容量的にすぐパンパンになってしまいますからね。そのあたりの兼ね合いかもしれません。当時の色々な試行錯誤がうかがえますね!

合わせて読みたい関連記事はコチラ

HUAWEI Pシリーズを振り返ろう! 回想その1 『Ascend P1』

HUAWEI Pシリーズを振り返ろう! 回想その2 『Ascend P2』

情報を深堀したい人はココから検索

オススメSIMフリースマートフォンBEST3

Galaxy S10+

『自社開発したスーパー有機ELを採用した最高のディスプレイ』『Exynos 9820を搭載することにより実現した最高の処理速度』『トリプルレンズにSamsungの最新センサー及びソフトウェアが組み込まれカメラ画質は世界最高レベル』。全てにおいて最高のスペックを実現している『Galaxy S』シリーズの最新モデル。非の打ちどころがありません。

Xiaomi Mi 9

Snapdragon855を搭載するXiaomiブランドの代表的なフラッグシップモデル。トリプルレンズに進化したカメラはF値の変更が可能となり、これまで以上に最高の画質を追求することが可能に。有機ELディスプレはダークモードに対応し、省電力とクールな見た目を実現します。性能だけじゃなく見た目も最高。これまでに見た事が無い美しさ。

Xiaomi Pocophone F1

最高性能のSocであるSnapdragon845を搭載するコストパフォーマンス世界一のスマートフォン。同じ価格帯でここまで性能の高いモデルは他に無いと断言できます。アップデートにより進化をし続けているのもこの端末の大きな特徴。ゲームをするにも写真を撮るにも最高の一台です。

Copyright© ハイパーガジェット通信 , 2019 All Rights Reserved.