HUAWEI Pシリーズを振り返ろう! 回想その3 『Ascend P6』

Pocket
Facebook にシェア

セカンドモデルまでは順を追っていたモデル名ですが、サードモデルにして3となるはずの数字をいきなり6に!『Ascend P6』が3番目に発売されたPシリーズです。

Ascend P6は2013年6月に発売。Ascend P2と比較して薄目のベゼルが特徴で、性能だけでなくデザイン的にも進化を遂げました。OSはAndroid 4.2.2 Jelly BeanをカスタマイズしたEMUI 1.6。

ディスプレイサイズはAscend P2と変わらず4.7インチ。解像度もHD(1280×720)のまま。SocはHuawei K3V2。これまた聞いたことがありません。このころはメーカー名がSocにそのままつけられていたんですね。個人的にはKirinという名称の方が断然格好良く感じます。

メモリーは2GBでストレージは8GBと16GBの2モデル。これで足りてたんですねえ。電池容量は2000mAhと微妙にダウン。そしてなぜかカメラの解像度も800万画素にダウン。

あれれ・・・?まあ解像度上げすぎると、ストレージ容量的にすぐパンパンになってしまいますからね。そのあたりの兼ね合いかもしれません。当時の色々な試行錯誤がうかがえますね!

合わせて読みたい関連記事はコチラ

HUAWEI Pシリーズを振り返ろう! 回想その1 『Ascend P1』

HUAWEI Pシリーズを振り返ろう! 回想その2 『Ascend P2』

情報を深堀したい人はココから検索

オススメSIMフリースマートフォンBEST3

Xiaomi POCO F2 Pro

最高性能Soc『Snapdragon 865』を搭載し、1年半以上の長い月日をかけて復活を果たした、Xiaomiのサブブランド『POCO』のフラッグシップモデル『POCO F2 Pro』。『ポップアップカメラ』を搭載し、有機ELの全面ディスプレイデザインを採用。さらにズーム機能を持つ『スーパーマクロ』カメラにより、他のスマートフォンでは撮る事の出来ない、感動的な世界を堪能出来ます。最高の処理能力とデザイン、そしてカメラを併せ持つ、コスパ最強モデル。

Xiaomi Mi Note 10

『1億800万画素カメラ』『光学5倍ズーム』という、世界最高スペックとなるカメラ機能を搭載する『Xiaomi Mi Note 10』。ハード面を大幅に強化したことにより、これまでのスマートフォンとは別次元の描写が可能に。デュアル4軸光学式手ブレ補正により、写真だけでなく動画の画質も向上。カメラ機能を重視したい人には迷わず買って欲しい、モンスターカメラスマホ。

OnePlus 7T Pro

Androidの帝王『OnePlus 7 Pro』に『Snapdragon 855 Plus』が搭載され、更に処理速度がアップ。6.67インチの巨大なディスプレイは『90Hz』の高速表示に対応。カメラ画質も世界トップクラスの評価を受けています。デザインも洗練され、全てにおいて完璧なのがOnePlus 7 Pro。このスマートフォンで満足出来ない人は恐らくいないはず。

Copyright© ハイパーガジェット通信 , 2020 All Rights Reserved.