MediaPad M5にYouth Editionが登場!2万切りでGPU TURBOも搭載だ!

投稿日:

Pocket

Huaweiの大人気タブレット、MediaPad M5に最新モデル『MediaPad M5 Youth Edition』が追加されます。

MediaPad M5 Youth Editionは8インチ(フルHD)のIPSディスプレイを搭載。残念ながらベゼルは広め。iPad Miniに近いイメージでしょうか。

Socには最新のKirin 710を採用。Kirin 710のAntutuベンチマークは14万弱なので、現行の MediaPad M5(Kirin 960搭載でAntutuは18万程度)よりやや劣りますが、省電力性能に優れるので(Nova Lite 3を持っている人ならわかるはず!)電池の持ちは向上するでしょう。

カメラは1300万画素のシングルレンズでf/2.2。スマートフォンのカメラと比較すると確実に画質も悪く、オマケ程度のものです。

カメラはタブレットなのでイマイチですが、サウンド面ではHarman Kardon製のスピーカーを採用。ここは最上位モデルと互換性を持たせています。私はM3を使っていましたが、スピーカーの音は本当に素晴らしかったです。サウンドシステムもHisten 5.0にアップデートされているので、音質にはかなり期待が持てそうです!

OSは最新のA0ndroid 9 PieをベースにしたEMUI 9.0。5100mAhの大容量バッテリーを搭載し、連続駆動時間は10時間程度。かなり持ちます。

そしてGPU TURBO 2.0にも対応!大画面と最高の音でゲームが楽しめますね。

価格は以下の通り。

3GB RAM + 32GB Wi-Fiモデル=19,500円

4GB RAM + 64GB Wi-Fiモデル= 23,000円

3GB RAM + 32GB cellularモデル=24,500円

4GB RAM + 64GB cellularモデル=26,500円

現行のMediaPad M5と比較すると控えめな価格設定になっています。また、8インチ以外に10インチモデルも出るみたいです。発売開始は4月10日から!

合わせて読みたい関連記事はコチラ

情報を深堀したい人はココから検索

オススメSIMフリースマートフォンBEST3

Galaxy S10+

『自社開発したスーパー有機ELを採用した最高のディスプレイ』『Exynos 9820を搭載することにより実現した最高の処理速度』『トリプルレンズにSamsungの最新センサー及びソフトウェアが組み込まれカメラ画質は世界最高レベル』。全てにおいて最高のスペックを実現している『Galaxy S』シリーズの最新モデル。非の打ちどころがありません。

Xiaomi Mi 9

Snapdragon855を搭載するXiaomiブランドの代表的なフラッグシップモデル。トリプルレンズに進化したカメラはF値の変更が可能となり、これまで以上に最高の画質を追求することが可能に。有機ELディスプレはダークモードに対応し、省電力とクールな見た目を実現します。性能だけじゃなく見た目も最高。これまでに見た事が無い美しさ。

Xiaomi Pocophone F1

最高性能のSocであるSnapdragon845を搭載するコストパフォーマンス世界一のスマートフォン。同じ価格帯でここまで性能の高いモデルは他に無いと断言できます。アップデートにより進化をし続けているのもこの端末の大きな特徴。ゲームをするにも写真を撮るにも最高の一台です。

Copyright© ハイパーガジェット通信 , 2019 All Rights Reserved.