Vivo S1はノッチ無し全面ディスプレイ&ホップアップカメラ&トリプルレンズ搭載の今を詰め込んだトレンドスマホ!

更新日:

Pocket

Vivoがトリプルレンズカメラを搭載したスマートフォン『Vivo S1』をリリースしました。

Vivo S1はノッチのない全面ディスプレイデザインにポップアップフロントカメラ、背面トリプルカメラと、今の流行を思い切り詰め込んだ超トレンドモデル。

トリプルカメラに搭載されたメインレンズはf/1.78で1200万画素。セカンドレンズに広角レンズを使用するのも最近のトレンド。広大な風景もばっちり撮れます。トリプルレンズは深度センサー機能を搭載した500万画素。距離感に合わせた自然なボケ表現を行います。

Socは最近勢いを増しているHelioのP70。

Antutuのベンチマークは15万を超える、かなり高性能なモデルを搭載。

これは一般的なミッドレンジモデルに多く搭載されているSnapdragon660のスコアを余裕で上回ります。動作の快適さは間違いないでしょう。

さらに、最近ではどのメーカーも力を入れているゲームターボモードにも対応。設定することで最適な環境でゲームを楽しむことができます。Vivoはかなり早い段階からゲームターボモードを搭載しているので、機能の進化が期待されます。バッテリーが3940mAhと大容量なので、電池の減りを気にすることなくゲームに集中できるでしょう。充電速度は最大18Wとかなり高速。電池が無くなってもあっという間に充電は完了します。

Vivo S1はメモリー6GBにストレージ128GBの贅沢仕様で37,500円程度。やはりこれだけ詰め込めばそれなりのお値段はしますよね。4月1日予約開始です。トレンドを求めている人は是非!

合わせて読みたい関連記事はコチラ

情報を深堀したい人はココから検索

オススメSIMフリースマートフォンBEST3

OnePlus 7 Pro

『処理性能』『ディスプレイ性能』『カメラ性能』『ストレージ性能』など、全てにおいて最高のスペックを求めたい。そんな人を満足させてくれるスマートフォンです。OnePlusというメーカーは、最高スペックのフラッグシップモデルしか作ったことがありません。至高のメーカーが作る至高のスマートフォン。これで満足出来ない人、次はありませんよ。

Xiaomi Mi 9

Snapdragon855を搭載するXiaomiブランドの代表的なフラッグシップモデル。トリプルレンズに進化したカメラはF値の変更が可能となり、これまで以上に最高の画質を追求することが可能に。有機ELディスプレはダークモードに対応し、省電力とクールな見た目を実現します。性能だけじゃなく見た目も最高。これまでに見た事が無い美しさ。

Asus Zenfone 6

『自撮りスマホ』を新たなカテゴリーとして定義したAsusのフラッグシップ機『Zenfone 6』。女性から絶大な支持を受け、現在世界で売り切れ状態に。リアカメラを自動回転させることで世界最高画質で自撮りが出来る!ユーチューバーやインスタグラマーにもオススメです。勿論フラッグシップモデルなので処理能力も抜群。あらゆる面で大活躍しそうな1台です。

Copyright© ハイパーガジェット通信 , 2019 All Rights Reserved.