Xiaomiが開発中のMIUI 11は究極の省電力状態を実現するモノクロモードをサポート!

Pocket

Xiaomiは自社のスマートフォンに搭載する独自OS、MIUIの最新バージョン『MIUI 11』の開発を進めています。

MIUI 11ではアイコンのデザインが一新され、さらに省電力性に優れたモノクロモードに対応。OSだけでなくアプリケーションでも話題になっている省電力モードですが、多くのものは色を反転させたダークモードと呼ばれるもの。MIUI 11に搭載されるのは反転ではなくモノクロモードなので、他社とはまた違ったアプローチが可能になりそうです。

また、モノクロモードでは通話とメッセージ機能を除くすべてのシステム機能がシャットダウンされ、画面表示以外にも極限まで電力消費を抑えることが可能に。これは尋常じゃなく電池の持ちが良くなりそうです。アイコンデザインもモノクロモードに合わせて作られるはずなので、モノクロ状態でどんな見た目になるのか、今から楽しみですね!

省電力性の向上以外にも、スクリーンショットを共有した後に自動削除する機能や、ステータスバーの最適化、操作時のアニメーション刷新、音質を高めるドルビーサウンドエフェクトなどが追加されます。

合わせて読みたい関連記事はコチラ

情報を深堀したい人はココから検索

オススメSIMフリースマートフォンBEST3

OnePlus 7T

『Snapdragon 855 Plus』『3眼カメラ』『90Hzディスプレイ』の採用と、前モデルから大幅なアップデートを果たした『OnePlus 7T』。スマートフォントップクラスの性能を持ちながら価格は据え置かれ、コスパナンバーワンモデルに。しかしあまりに人気が出過ぎて世界中で品薄状態。持ってるだけで大注目される、世界屈指のフラッグシップです。

Xiaomi Mi Note 10

『1億800万画素カメラ』『光学5倍ズーム』という、世界最高スペックとなるカメラ機能を搭載する『Xiaomi Mi Note 10』。ハード面を大幅に強化したことにより、これまでのスマートフォンとは別次元の描写が可能に。デュアル4軸光学式手ブレ補正により、写真だけでなく動画の画質も向上。カメラ機能を重視したい人には迷わず買って欲しい、モンスターカメラスマホ。

OnePlus 7T Pro

Androidの帝王『OnePlus 7 Pro』に『Snapdragon 855 Plus』が搭載され、更に処理速度がアップ。6.67インチの巨大なディスプレイは『90Hz』の高速表示に対応。カメラ画質も世界トップクラスの評価を受けています。デザインも洗練され、全てにおいて完璧なのがOnePlus 7 Pro。このスマートフォンで満足出来ない人は恐らくいないはず。

Copyright© ハイパーガジェット通信 , 2019 All Rights Reserved.