Nokia X71はNokia初のパンチホールディスプレイ搭載!Zeissのトリプルレンズで他社と差別化!

投稿日:

HMD Globalは、Nokia Xシリーズの新型、『Nokia X71』を台湾でリリースしました。

Nokia X71は、Nokiaとしてははじめて6.39インチのパンチホールディスプレイを搭載。パンチホールに備えられたフロントカメラは1600万画素。画面占有率は93%となり、ほぼ全面がタッチスクリーンとして機能します。


リアカメラは最近どのメーカーからも大人気で高解像度に対応したSONYのセンサーを搭載。トリプルレンズ仕様というだけでなく、Zeissブランドを採用するのがNokiaの強み。メインレンズはセンサー性能を活かし4800万画素の超高解像度。セカンドレンズには800万画素の広角レンズ。サードレンズは被写界深度センサーを搭載した500万画素という構成。

ここまでハイスペックを貫いているので、SocがSnapdragon660というのはやや残念。しかしOSにはAndroid Oneが採用され、Pixelシリーズのように無駄のない環境が楽しめるのと、今後のアップデートも保障されています。

Nokia X71は6GB/128GBモデルが43000円程度とかなり高めな価格設定。いくらZeissのトリプルレンズとはいえ、Redmi Note 7などと比較するとかなり厳しいかもしれませんね。台湾で4月10日から発売開始です。

合わせて読みたい関連記事はコチラ

オススメSIMフリースマートフォンBEST3

HUAWEI nova lite 3

Socに最新のKirin710を搭載しつつリーズナブルな価格設定を実現。しずく型小型ノッチに縦長比率を採用した6.21インチの大型ディスプレイはトレンド感満点。高品質なデュアルレンズカメラも搭載しているので、写真が好きな人にもオススメです!

Huawei Mate 20 Pro

世界最高評価を受けているカメラに有機ELの大画面を搭載。Socにも最新のKirin980を搭載し、まさに非の打ち所のない、フラッグシップモデルの一つ。AI機能の進化を体感できる一台でもあり、多少高くても最高性能を求めている人にオススメです。

Xiaomi Pocophone F1

最高性能のSocであるSnapdragon845を搭載するコストパフォーマンス世界一のスマートフォン。同じ価格帯でここまで性能の高いモデルは他に無いと断言できます。アップデートにより進化をし続けているのもこの端末の大きな特徴。ゲームをするにも写真を撮るにも最高の一台です。

Copyright© ハイパーガジェット通信 | SIMフリースマートフォン/iPhone/タブレット/充電器/便利グッズ , 2019 All Rights Reserved.