Galaxy A70はガジェット好きにはたまらないスペックに!欲しすぎファブレット!

Pocket
Facebook にシェア

6.5インチ以内のスマートフォンが多い中、Samsungがそれを上回る6.7インチサイズ、俗にいうファブレット『Galaxy A70』を数日前にリリースしました。

Galaxy A70はSamsung製らしく有機ELディスプレイを搭載。6.7インチの有機EL。これだけで欲しくなります。解像度はフルHD+(1080×2400)。フロントカメラは3200万画素とかなりの高解像度。f値も2.0とリアカメラ並みの高性能です。

フロントカメラが高性能であれば当然リアカメラは更に高性能。メインレンズは3200万画素でf値は1.7。最近は4800万画素のレンズを搭載したスマートフォンが増えていますが、容量が重くなるし画面解像度はほぼフルHD+。印刷をする人もいないに等しいので、そこまでの高解像度必要か?というのが個人的な思いです。セカンドレンズは800万画素の広角レンズ。サードレンズは500万画素で深度測定機能搭載と比較的ベーシックなトリプルレンズカメラとなっています。

電池容量はファブレットらしく4500mAhと大容量。有機ELで電池容量が大きいとなれば、スタミナスマホ並みの長時間駆動は間違いなし。ヘビーユーザーにはまた一つ選択肢が増えたことになります。Soc情報はやや錯綜しており、恐らくSnapdragon 670。ベンチマークは16万弱のハイミッドレンジスコアです。十分すぎ。

正直ものすごく欲しくなるスペック。価格設定も48500円程度と絶妙です。これはガジェット好きなユーザーをターゲットインした端末ではないでしょうか。欲しい!

合わせて読みたい関連記事はコチラ

情報を深堀したい人はココから検索

オススメSIMフリースマートフォンBEST3

Xiaomi Redmi Note 9S

2万円台という低価格ながら、ミッドレンジクラスでトップクラスの処理能力をもつXiaomi の『Redmi Note 9S』。圧倒的な高い処理能力を実現するのは、『Snapdragon 720G』という超高性能Socを搭載しているから。さらに、電池容量は『5,020mAh』、『6.67インチ』の超大画面、Xiaomiの技術が凝縮された『AI4眼カメラ』と、どれも販売価格を大幅に上回る高性能。コストパフォーマンスの高さを重視してスマートフォンを選ぶのであれば、間違いなくオススメしたい究極の1台。

OPPO Reno A

『おサイフケータイ対応』『IPX 7の高い防水性能』『ハイミッドレンジ用のSnapdragon 710搭載』『有機ELディスプレイ採用』『大容量6GBメモリ』といった超贅沢仕様で、SIMフリースマートフォン市場で『コスパ最強モデル』の代名詞となっている『OPPO Reno A』。『おサイフケータイ』が使えて『ゲームもサクサク遊びたい』、さらに『価格も安い方が良い』という超欲張りな人にでもオススメ出来る希少モデル。

Xiaomi Mi Note 10 Lite

世界トップクラスのスマートフォンカメラ画質を持つXiaomi『Mi Note 10』の兄弟モデルとなる『Mi Note 10 Lite』。『Lite』とは名ばかりで、有機ELディスプレイから背面にかけて施された美しい3D立体デザインはどう見てもフラッグシップモデル。さらにゲーム特化型となるSnapdragon 730Gの採用により、ゲームも快適にプレイする事が可能です。勿論『Mi Note 10』譲りのカメラ画質が『Mi Note 10 Lite』の一番の魅力。トータルで大満足出来るハイミッドレンジモデルです。

Copyright© ハイパーガジェット通信 , 2020 All Rights Reserved.