Lenovo K6 Enjoyはトリプルレンズのお試しに丁度よさげなミッドレンジスマホ

投稿日:

Pocket

Lenovoが新たに安めなトリプルレンズ搭載のスマートフォン『Lenovo K6 Enjoy』をリリースしました。

Lenovo K6 Enjoyは背面にトリプルレンズカメラを搭載。しかしフラッグシップモデルのような本格仕様とは少し異なります。メインレンズは1200万画素、セカンドはズームレンズで解像度は800万画素。サードは深度測定機能付きで500万画素となっています。最近は高解像度ブームになりつつあるので、それらと比較すると少し控えめな解像度。しかし、高解像度化がいき過ぎていると感じる部分もあるので、画面で確認することを前提とすれば、メインレンズが1200万画素でも十分。価格を考慮すれば、ズームレンズを搭載して光学2倍ズームであることの方がずっとメリットです。

SocにはMediaTek社のHelio P22を搭載。他の記事でも指摘している通り、最近のHelioは性能アップが著しいです。Helio P22は少し前のモデルになりますが、ベンチマークは8万程度と比較的安定しています。

ディスプレイには水滴タイプの小型ノッチが採用され、大きさ6.22インチで解像度はHD+。

電池容量が3300mAhなので丁度いいバランスと言えるでしょう。Micro SDカードは256GBまで対応。

メモリーは4GBと1種類ですが、ストレージは64GBと128モデルの2種類が用意されており、価格は23,000円程度~。トリプルレンズカメラをお試ししたい人には、基本的なスペックもしっかりしてますし丁度良いかもしれませんね。

合わせて読みたい関連記事はコチラ

情報を深堀したい人はココから検索

オススメSIMフリースマートフォンBEST3

Galaxy S10+

『自社開発したスーパー有機ELを採用した最高のディスプレイ』『Exynos 9820を搭載することにより実現した最高の処理速度』『トリプルレンズにSamsungの最新センサー及びソフトウェアが組み込まれカメラ画質は世界最高レベル』。全てにおいて最高のスペックを実現している『Galaxy S』シリーズの最新モデル。非の打ちどころがありません。

Xiaomi Mi 9

Snapdragon855を搭載するXiaomiブランドの代表的なフラッグシップモデル。トリプルレンズに進化したカメラはF値の変更が可能となり、これまで以上に最高の画質を追求することが可能に。有機ELディスプレはダークモードに対応し、省電力とクールな見た目を実現します。性能だけじゃなく見た目も最高。これまでに見た事が無い美しさ。

Xiaomi Pocophone F1

最高性能のSocであるSnapdragon845を搭載するコストパフォーマンス世界一のスマートフォン。同じ価格帯でここまで性能の高いモデルは他に無いと断言できます。アップデートにより進化をし続けているのもこの端末の大きな特徴。ゲームをするにも写真を撮るにも最高の一台です。

Copyright© ハイパーガジェット通信 , 2019 All Rights Reserved.