Oppo Renoは究極の10倍ズームモデルと共に日本にも上陸予定!信じられない安さの超高性能フラッグシップモデルだった!

更新日:

Pocket

日本でも発売されるOppo Renoが、ロスレス10倍ズームをひっさげ、ついに登場!リリースされたのは2モデルで、10倍ズーム搭載モデルは『Reno 10x Zoom Edition、スタンダードモデルは『Reno』と名付けられています。

しかしまさか、Reno 10x Zoom EditionにP30 Proを超えるズーム技術が搭載されてくるとは、正直思いませんでした。Oppoのカメラ技術恐るべし。

Oppo Renoの10倍ズームはHuawei P30 Proより凄かった!完全ロスレスズームで世界一を超えた!

もちろんP30 Proに対抗するフラッグシップ機なので、Socも最高性能のSnapdragon855。さらにすでにリーク済みの斜めにスライドする新機構のフロントカメラを搭載。

スライド構造のため、ディスプレイ上にはノッチもパンチホールも存在しません。画面占有率は93.1%!画面サイズは6.6インチとかなり大き目なので、没入感半端ないです!

そしてファブレット好きにもたまらないサイズ感。ディスプレイの内部には指紋認証も備えます。

これは欲しい・・・価格は6GB/128GBが66,000円程度、6GB/256GBモデルが74,000円程度、8GB/256GBモデルが8万円程度となっています。P30 Proと比較すると圧倒的に安い価格設定。Find Xが10万超えてたので高値設定かと思いきや驚きです。この価格を日本市場で実現できたらバカ売れでしょう。リリースは少しだけ先に。

すでに使用動画も出回ってますね。めっちゃいい感じ・・・

Oppo Reno First Hands On - 10x Zoom Version

Oppo Reno Series Officially Announced - Here is Price, Specifications and Hands On https://sparrowsnews.com/2019/04/10/oppo-reno-series-officially-released-starting-from-2999-yuan/

そしてスタンダードモデルの『Reno』はSocにSnapdragon 710を搭載。画面サイズはReno 10x Zoom Editionより少し小さく6.4インチ。フロントカメラの機構とディスプレイ内指紋認証は同じで、斜めにスライドするタイプです。

それだけで通常のミッドレンジの枠は超えてる感がありますね。価格は6GB/128/GBモデルが5万円程度。6GB/256GBモデルが55,000円程度。8GB/256GBモデルが6万円程度となっています。

Reno 10x Zoom Editionとの価格差があまり無い・・・。これなら買うのは確実に10倍ズームの方でしょ!

『Reno』が4月19日から先行販売。続いて『Reno 10x Zoom Edition』が5月中旬に登場します。日本発売はその少し後か。楽しみすぎる!!

合わせて読みたい関連記事はコチラ

情報を深堀したい人はココから検索

オススメSIMフリースマートフォンBEST3

OnePlus 7 Pro

『処理性能』『ディスプレイ性能』『カメラ性能』『ストレージ性能』など、全てにおいて最高のスペックを求めたい。そんな人を満足させてくれるスマートフォンです。OnePlusというメーカーは、最高スペックのフラッグシップモデルしか作ったことがありません。至高のメーカーが作る至高のスマートフォン。これで満足出来ない人、次はありませんよ。

Xiaomi Mi 9

Snapdragon855を搭載するXiaomiブランドの代表的なフラッグシップモデル。トリプルレンズに進化したカメラはF値の変更が可能となり、これまで以上に最高の画質を追求することが可能に。有機ELディスプレはダークモードに対応し、省電力とクールな見た目を実現します。性能だけじゃなく見た目も最高。これまでに見た事が無い美しさ。

Asus Zenfone 6

『自撮りスマホ』を新たなカテゴリーとして定義したAsusのフラッグシップ機『Zenfone 6』。女性から絶大な支持を受け、現在世界で売り切れ状態に。リアカメラを自動回転させることで世界最高画質で自撮りが出来る!ユーチューバーやインスタグラマーにもオススメです。勿論フラッグシップモデルなので処理能力も抜群。あらゆる面で大活躍しそうな1台です。

Copyright© ハイパーガジェット通信 , 2019 All Rights Reserved.