Echo Linkはストリーミング音楽を高音質で聞く為のAmazon本気デバイスだ!

Pocket
Facebook にシェア

Amazonが分離型Bluetoothイヤホンを発売するらしい。しかも音質に拘りを見せるとか。まあ音楽を聴くものなのだから、その拘りはある意味当然。

しかし音への拘りが本気なのだなと思わせられたのが『Echo Link』シリーズのリリース。AUXやBluetooth接続が可能なスピーカーであれば、他の『Echo』シリーズとの連携でAlexa対応スピーカー化が可能。Echo dotなどは単体でもスピーカーとして機能しますが、Echo Linkはスピーカーとして使えません。

それなら当然Echo Linkの方が安いだろうと普通は思います。私は思いました。しかし圧倒的に高いのはEcho Linkです。

Echo Linkはまず、その他Echoの中継機として動作します。Alexaアプリや接続したEchoに指示を出すことで、他の部屋にあるEchoの楽曲を変えたり音量を同時に調整できます。

スピーカー設備のない広めなレストランなどには良いかもしれませんね。しかし、この機能は個人的にはそこまで魅力的には感じませんでした。

Echo Linkが明らかに違うのは、外部出入力ポートの豊富さです。通常のアナログ出力に加え、光や同軸といったデジタル出力、さらにアンプへの出力にも対応。

スマートホーム化を進めるためのものではなく、良い音を聞かせる為に作られたということが明確です。

さらに音への拘りを強く感たのはEcho Link Ampの存在です。Echo Link Ampにはその名の通り2chで60WのAmpが内蔵されています。スピーカーを接続すればそれだけで本格的な音響システムが完成。

ストリーミングミュージックは、お気軽に聞き流しが出来ればいい程度に考えていました。しかしこんなものが発売されたらその考えが変わってしまうじゃないですか!しかしこれはGoogleとの差を一気に広げにかかりましたね。これを機に、ハイレゾ対応ストリーミングもスタートさせてみては。

合わせて読みたい関連記事ハコチラ

情報を深堀したい人はココから検索

オススメSIMフリースマートフォンBEST3

OnePlus 7T

『Snapdragon 855 Plus』『3眼カメラ』『90Hzディスプレイ』の採用と、前モデルから大幅なアップデートを果たした『OnePlus 7T』。スマートフォントップクラスの性能を持ちながら価格は据え置かれ、コスパナンバーワンモデルに。しかしあまりに人気が出過ぎて世界中で品薄状態。持ってるだけで大注目される、世界屈指のフラッグシップです。

Xiaomi Mi Note 10

『1億800万画素カメラ』『光学5倍ズーム』という、世界最高スペックとなるカメラ機能を搭載する『Xiaomi Mi Note 10』。ハード面を大幅に強化したことにより、これまでのスマートフォンとは別次元の描写が可能に。デュアル4軸光学式手ブレ補正により、写真だけでなく動画の画質も向上。カメラ機能を重視したい人には迷わず買って欲しい、モンスターカメラスマホ。

OnePlus 7T Pro

Androidの帝王『OnePlus 7 Pro』に『Snapdragon 855 Plus』が搭載され、更に処理速度がアップ。6.67インチの巨大なディスプレイは『90Hz』の高速表示に対応。カメラ画質も世界トップクラスの評価を受けています。デザインも洗練され、全てにおいて完璧なのがOnePlus 7 Pro。このスマートフォンで満足出来ない人は恐らくいないはず。

Copyright© ハイパーガジェット通信 , 2020 All Rights Reserved.