『通信料が安くなる?』『スマホが高くなる?』全部間違いです。

投稿日:

キャリアの分離プランがスタートして何が変わるのか?今までは『docomo』『Softbank』『au』のショップで契約したスマートフォンはそのキャリアでしか使うことができませんでした。『○○専用スマートフォン』、それが全て無くなります。販売されるのは全てどこのキャリアでも使えるSIMフリースマートフォン。一見最高じゃないですか。

でも、『分離』という言葉の意味をよく考えてみてください。何が分離されるのか。それは『キャリア』と『スマホ』です。

これまで、キャリアがスマートフォンを作っていた訳ではありません。キャリアはあくまでも『回線屋』です。回線屋がスマートフォンを仕入れて、回線とセットにして売っていたのです。例えるなら、『ミネラルウォーター』と『サーバー』を同時に売っているようなもの。

水は単体だと1000円しかしないとします。対するサーバーは200000円。水だけ持っていても入れ物が無いと人に売ることは出来ません。そしてサーバーは高すぎるからと誰も買いません。そこで考えつかれたのが『セット販売』です。

水を月々5000円で提供します。さらに200000円するサーバーを『無料』で差し上げます!ただし、水は2年間は最低でも契約してくださいね!途中で解約したらサーバーの代金をいただきますよ!

この『無料』の部分がスマートフォンの『実質0円』。そして『2年間の契約期間』が俗にいう『2年縛り』です。お気づきかと思いますが、『サーバーの料金は分割で支払わせて水を売る』。これが日本のキャリアが行ってきた自社回線の販売方法です。スマートフォンを売っていた訳ではありません。あくまでもキャリアは『回線を売る』のが仕事です。

今回総務省の是正勧告により、『水とサーバーはきちんと分けて売れ』という取り決めが行われました。つまり、『回線』と『スマートフォン』が完全に分けて売られるようになるのです。それが『分離』の正体。

ユーザーは『通信料が安くなった!』『スマホが高くなった!』と騒ぐでしょう。しかしそれは大きな勘違い。実際何も変わっていないのです。一見通信料の安くなったように見えるSIMを契約し、スマートフォンは分割払い。今までと同じです。格安SIMは本当は全然格安では無いですし、SIMフリースマートフォンだけが異様に高かった訳ではありません。

魔法がとけたスマホ市場は間違いなく混乱状態に陥ります。その混乱状態を、しばらくの間は冷めた目で俯瞰することになりそうです。

合わせて読みたい関連記事はコチラ

オススメSIMフリースマートフォンBEST3

HUAWEI nova lite 3

Socに最新のKirin710を搭載しつつリーズナブルな価格設定を実現。しずく型小型ノッチに縦長比率を採用した6.21インチの大型ディスプレイはトレンド感満点。高品質なデュアルレンズカメラも搭載しているので、写真が好きな人にもオススメです!

Huawei Mate 20 Pro

世界最高評価を受けているカメラに有機ELの大画面を搭載。Socにも最新のKirin980を搭載し、まさに非の打ち所のない、フラッグシップモデルの一つ。AI機能の進化を体感できる一台でもあり、多少高くても最高性能を求めている人にオススメです。

Xiaomi Pocophone F1

最高性能のSocであるSnapdragon845を搭載するコストパフォーマンス世界一のスマートフォン。同じ価格帯でここまで性能の高いモデルは他に無いと断言できます。アップデートにより進化をし続けているのもこの端末の大きな特徴。ゲームをするにも写真を撮るにも最高の一台です。

Copyright© ハイパーガジェット通信 | SIMフリースマートフォン/iPhone/タブレット/充電器/便利グッズ , 2019 All Rights Reserved.