iPhone 11はどこに向かうのか?A13 Bionicの進化が今後の明暗を分ける可能性

投稿日:

Pocket

iPhone11で搭載される予定のA13 Bionic。小型化により年々開発技術の難易度が増す、スマートフォンの脳とも言えるSoc開発に注目が集まります。

A13 Bionicには極端紫外線リソグラフィ技術が用いられ、7nmプロセスが使用されるとしています。このnmが年々小さくなっているわけですが、なぜ小さくするかと言うと単純にコア数や部品を増やせるから。スマートフォンは筐体が小さいので、nmレベルの進化がとても重要になるのです。

マルチコアのパフォーマンスが15000~16000になるこを予想。これは現行のA12 Bionicと比較して30%程度の向上となります。また、iPhoneやiPadの代名詞とも言えるGPU性能への拘りは一旦鈍化。その分AI機能に力を入れるとのことです。5Gが開通し、Stadiaで遊ぶ人が増えれば増えるほど、スマホに搭載されたGPUの価値は低下。Googleの先を見越した攻撃が時間の経過と共にAppleを追い詰めます。

AntutuのスコアではSnapdragonに勝てない。カメラ性能ではHuaweiに勝てない。そうなるといきつく先はAIへの投資になるのか?AIオートフォーカス機能の向上は確かにうれしいですが、そこでコストアップが発生するのは必然ですし、DXMARKのスコアでP30 Proに勝てないリスクも背負います。HomePodもAmazonやGoogleに完全に遅れをとっています。そう考えると本当に必要な機能投資と言えるのか。

退化は絶対に許されないスマートフォン。次期iPhoneは、ユーザーの欲求に合わせた進化を出来るのでしょうか。

合わせて読みたい関連記事はコチラ

情報を深堀したい人はココから検索

オススメSIMフリースマートフォンBEST3

OnePlus 7 Pro

『処理性能』『ディスプレイ性能』『カメラ性能』『ストレージ性能』など、全てにおいて最高のスペックを求めたい。そんな人を満足させてくれるスマートフォンです。OnePlusというメーカーは、最高スペックのフラッグシップモデルしか作ったことがありません。至高のメーカーが作る至高のスマートフォン。これで満足出来ない人、次はありませんよ。

Xiaomi Mi 9

Snapdragon855を搭載するXiaomiブランドの代表的なフラッグシップモデル。トリプルレンズに進化したカメラはF値の変更が可能となり、これまで以上に最高の画質を追求することが可能に。有機ELディスプレはダークモードに対応し、省電力とクールな見た目を実現します。性能だけじゃなく見た目も最高。これまでに見た事が無い美しさ。

Asus Zenfone 6

『自撮りスマホ』を新たなカテゴリーとして定義したAsusのフラッグシップ機『Zenfone 6』。女性から絶大な支持を受け、現在世界で売り切れ状態に。リアカメラを自動回転させることで世界最高画質で自撮りが出来る!ユーチューバーやインスタグラマーにもオススメです。勿論フラッグシップモデルなので処理能力も抜群。あらゆる面で大活躍しそうな1台です。

Copyright© ハイパーガジェット通信 , 2019 All Rights Reserved.