Amazonが中国から撤退へ。国内ECの成長が大きな脅威に

投稿日:

Pocket

Amazonが中国から撤退する事が決定しました。

日本ではTOPのシェアを持つAmazonですが、中国ではたったの1%程度。信じられませんよね。

そしてついに『Alibaba』を展開する『Tmall』と、巨大企業テンセントを大株主に持ち、自社買い付けでシェアを拡大する『JD.com』の前に降参宣言を強いられました。

比較にはなりませんが、Alibabaが楽天だとするとJD.comはイオンです。2017年末、EC事業に5000億円の巨大投資を行い、過渡期を迎えた感のあるリアル店舗からオンラインにシフトを始めました。独自の物流網を活かし、どこまでAmazonからシェアを奪う事が出来るかは興味深いところです。

GDPの押上げ等の観点からも、国がバックアップに乗り出す可能性も濃厚。リアルを制したイオンがECでも覇権をとることはできるのか。

合わせて読みたい関連記事はコチラ

情報を深堀したい人はココから検索

オススメSIMフリースマートフォンBEST3

OnePlus 7 Pro

『処理性能』『ディスプレイ性能』『カメラ性能』『ストレージ性能』など、全てにおいて最高のスペックを求めたい。そんな人を満足させてくれるスマートフォンです。OnePlusというメーカーは、最高スペックのフラッグシップモデルしか作ったことがありません。至高のメーカーが作る至高のスマートフォン。これで満足出来ない人、次はありませんよ。

Xiaomi Mi 9

Snapdragon855を搭載するXiaomiブランドの代表的なフラッグシップモデル。トリプルレンズに進化したカメラはF値の変更が可能となり、これまで以上に最高の画質を追求することが可能に。有機ELディスプレはダークモードに対応し、省電力とクールな見た目を実現します。性能だけじゃなく見た目も最高。これまでに見た事が無い美しさ。

Asus Zenfone 6

『自撮りスマホ』を新たなカテゴリーとして定義したAsusのフラッグシップ機『Zenfone 6』。女性から絶大な支持を受け、現在世界で売り切れ状態に。リアカメラを自動回転させることで世界最高画質で自撮りが出来る!ユーチューバーやインスタグラマーにもオススメです。勿論フラッグシップモデルなので処理能力も抜群。あらゆる面で大活躍しそうな1台です。

Copyright© ハイパーガジェット通信 , 2019 All Rights Reserved.