ついに安価な液晶でもディスプレイ内指紋認証が搭載可能に

投稿日:

Pocket


ついに液晶(LCD)でも、ディスプレイ内指紋認証を搭載できるように。この待ちに待った技術を開発したのは、テック系企業の『Fortsense』です。

なぜLCDではディスプレイ内指紋認証が利用出来ないか

これまでディスプレイ内指紋認証は、有機ELを採用したディスプレイにのみ採用されてきました。その理由としては、有機ELは光がディスプレイを通過してセンサーに到達出来るのに対し、LCDは光が透過しないので、ディスプレイの下にあるセンサーが反応しないのです。

Fortsenseにより生み出された新技術

しかしFortsenseは、光がディスプレイ下のセンサーに直接向かうようにLCDのバックパネルを改良。さらにディープラーニング技術により、LCDによる指紋認証のアルゴリズム最適化も行いました。

ローエンドモデルへのディスプレイ内指紋認証の搭載が可能に

LCDでディスプレイ内指紋認証を搭載できるようになれば、ハイエンドモデルに採用されていた機能がローエンドモデルにも採用される事に。先日記事を書いたコンセプト重視の『P SMART』シリーズには真っ先にリリースして欲しいですね。

ボリュームゾーンで言えばミドルレンジが圧倒的に多いので、そこに焦点をあてた技術は量産体制が整いやすいはず。今後1万円台のスマートフォンにディスプレイ内指紋認証が搭載される日も、そう遠くはなさそうですね!

合わせて読みたい関連記事はコチラ

情報を深堀したい人はココから検索

オススメSIMフリースマートフォンBEST3

Galaxy S10+

『自社開発したスーパー有機ELを採用した最高のディスプレイ』『Exynos 9820を搭載することにより実現した最高の処理速度』『トリプルレンズにSamsungの最新センサー及びソフトウェアが組み込まれカメラ画質は世界最高レベル』。全てにおいて最高のスペックを実現している『Galaxy S』シリーズの最新モデル。非の打ちどころがありません。

Xiaomi Mi 9

Snapdragon855を搭載するXiaomiブランドの代表的なフラッグシップモデル。トリプルレンズに進化したカメラはF値の変更が可能となり、これまで以上に最高の画質を追求することが可能に。有機ELディスプレはダークモードに対応し、省電力とクールな見た目を実現します。性能だけじゃなく見た目も最高。これまでに見た事が無い美しさ。

Xiaomi Pocophone F1

最高性能のSocであるSnapdragon845を搭載するコストパフォーマンス世界一のスマートフォン。同じ価格帯でここまで性能の高いモデルは他に無いと断言できます。アップデートにより進化をし続けているのもこの端末の大きな特徴。ゲームをするにも写真を撮るにも最高の一台です。

Copyright© ハイパーガジェット通信 , 2019 All Rights Reserved.