ついに安価な液晶でもディスプレイ内指紋認証が搭載可能に

Pocket


ついに液晶(LCD)でも、ディスプレイ内指紋認証を搭載できるように。この待ちに待った技術を開発したのは、テック系企業の『Fortsense』です。

なぜLCDではディスプレイ内指紋認証が利用出来ないか

これまでディスプレイ内指紋認証は、有機ELを採用したディスプレイにのみ採用されてきました。その理由としては、有機ELは光がディスプレイを通過してセンサーに到達出来るのに対し、LCDは光が透過しないので、ディスプレイの下にあるセンサーが反応しないのです。

Fortsenseにより生み出された新技術

しかしFortsenseは、光がディスプレイ下のセンサーに直接向かうようにLCDのバックパネルを改良。さらにディープラーニング技術により、LCDによる指紋認証のアルゴリズム最適化も行いました。

ローエンドモデルへのディスプレイ内指紋認証の搭載が可能に

LCDでディスプレイ内指紋認証を搭載できるようになれば、ハイエンドモデルに採用されていた機能がローエンドモデルにも採用される事に。先日記事を書いたコンセプト重視の『P SMART』シリーズには真っ先にリリースして欲しいですね。

ボリュームゾーンで言えばミドルレンジが圧倒的に多いので、そこに焦点をあてた技術は量産体制が整いやすいはず。今後1万円台のスマートフォンにディスプレイ内指紋認証が搭載される日も、そう遠くはなさそうですね!

合わせて読みたい関連記事はコチラ

情報を深堀したい人はココから検索

オススメSIMフリースマートフォンBEST3

OnePlus 7T

『Snapdragon 855 Plus』『3眼カメラ』『90Hzディスプレイ』の採用と、前モデルから大幅なアップデートを果たした『OnePlus 7T』。スマートフォントップクラスの性能を持ちながら価格は据え置かれ、コスパナンバーワンモデルに。しかしあまりに人気が出過ぎて世界中で品薄状態。持ってるだけで大注目される、世界屈指のフラッグシップです。

Xiaomi Mi Note 10

『1億800万画素カメラ』『光学5倍ズーム』という、世界最高スペックとなるカメラ機能を搭載する『Xiaomi Mi Note 10』。ハード面を大幅に強化したことにより、これまでのスマートフォンとは別次元の描写が可能に。デュアル4軸光学式手ブレ補正により、写真だけでなく動画の画質も向上。カメラ機能を重視したい人には迷わず買って欲しい、モンスターカメラスマホ。

OnePlus 7T Pro

Androidの帝王『OnePlus 7 Pro』に『Snapdragon 855 Plus』が搭載され、更に処理速度がアップ。6.67インチの巨大なディスプレイは『90Hz』の高速表示に対応。カメラ画質も世界トップクラスの評価を受けています。デザインも洗練され、全てにおいて完璧なのがOnePlus 7 Pro。このスマートフォンで満足出来ない人は恐らくいないはず。

Copyright© ハイパーガジェット通信 , 2019 All Rights Reserved.