『0和元年』人は必ずゼロを通過する

投稿日:

Pocket


私は普段ガジェットに関する記事を書いている。スペックの進化は日進月歩。後退は許されない。

しかし、人々の日常はどうだろうか。上がり調子がずっと続くなんて事は絶対に無い。『楽あれば苦あり』ということわざが物語っている通り。最高に楽しいことがあっても、死ぬほど辛いことがあっても、必ず通過するのは0の地点。つまり、人は0に向かって生きているのだと私は思う。

0を通過するのは当たり前なのに、常に+でいようとする人。俗に言う『+思考』。無理です。常に+になることなんて無いし、無理に−を+に捉える必要も無い。それを強要するのは完全に宗教の世界。

−思考も然り。常に−に動き続ける人生など存在しない。一食ご飯を抜いて何か食べる。その時に美味しいと感じない人は居ないに等しいし、宝くじが1億円当たって喜ばない人も居ない。これはあくまで精神論の話。

つまり、最高だと思った瞬間もその時だけであり、最悪だと感じるその瞬間も所詮は一時ということ。

人は皆0に向かって生きている。0を通過しながら生きている。それを受け入れる事で、自分がどこに向かいたいか、どういう人生を送りたいかが本質的に見えてくる筈。

『0和元年』。間もなくスタート。

合わせて読みたい関連記事はコチラ

情報を深堀したい人はココから検索

オススメSIMフリースマートフォンBEST3

OnePlus 7 Pro

『処理性能』『ディスプレイ性能』『カメラ性能』『ストレージ性能』など、全てにおいて最高のスペックを求めたい。そんな人を満足させてくれるスマートフォンです。OnePlusというメーカーは、最高スペックのフラッグシップモデルしか作ったことがありません。至高のメーカーが作る至高のスマートフォン。これで満足出来ない人、次はありませんよ。

Xiaomi Mi 9

Snapdragon855を搭載するXiaomiブランドの代表的なフラッグシップモデル。トリプルレンズに進化したカメラはF値の変更が可能となり、これまで以上に最高の画質を追求することが可能に。有機ELディスプレはダークモードに対応し、省電力とクールな見た目を実現します。性能だけじゃなく見た目も最高。これまでに見た事が無い美しさ。

Asus Zenfone 6

『自撮りスマホ』を新たなカテゴリーとして定義したAsusのフラッグシップ機『Zenfone 6』。女性から絶大な支持を受け、現在世界で売り切れ状態に。リアカメラを自動回転させることで世界最高画質で自撮りが出来る!ユーチューバーやインスタグラマーにもオススメです。勿論フラッグシップモデルなので処理能力も抜群。あらゆる面で大活躍しそうな1台です。

Copyright© ハイパーガジェット通信 , 2019 All Rights Reserved.