DJIがGoPro風のアクションカメラ『Osmo Action』を5月15日に発売するらしい

更新日:

DJI Osmo ActionはGoPro Hero7 Blackを上回るレベルの仕上がりだった

DJIがGoPro風のアクションカメラ『Osmo Action』を5月15日に発売するらしい手持ち撮影の常識を変える!360度カメラ Insta360 ONEがジンバルを超えた美しい映像を提供大本命! ...

続きを見る

Go Proのライバル企業であるDJIが、自社初となるアクションカメラ『Osmo Action』を間もなくリリースします。

他のメーカーであれば『ふーん』で終わりそうなものですが、何といってもDJI。これは期待せずにはいられません。すでに流出しているOsmo Actionのレンダリング画像からは、前面と後面の両方にディスプレイを搭載していることが確認できます。なるほどアクションカメラ単体でもディスプレイを見ながら自撮りが出来るようになるという事か・・・。

さらに大き目のレンズリングはメニューナビゲーションの操作や手動フォーカスとして機能する可能性もあり。もし事実だとしたら楽しすぎる・・防水防塵性能も最高クラスになるとのことですが、これはアクションカメラであればまあ通常のスペックと言えるでしょう。

また、Osmo Actionは145度の撮影が可能なF値2.8の広角レンズ及び、Sony IMX337 1/ 2.3インチCMOSセンサーを搭載予定。さらにXiaomiのYi 4K +に搭載されている14nmベースのAmbarella H2イメージプロセッサも採用するとの事。良いところは無理にオリジナリティを出そうとせず真似をする。良い心がけです。

動画に関しては8倍のスローモーション撮影と解像度は4K/60Pに対応。『HDR』『自動タイムラプス』『AEB連続撮影』『カウントダウン撮影』『マルチ連続撮影』『インターバル撮影』など、様々な撮影モードに対応。シャッタースピードは1/8000~120秒。バッテリーは取り外し可能な交換式になる模様。

Osmo Actionは5月15日のリリースに向けてすでにカウントダウンが開始されています。後3日でその全容が明らかに。個人的にアクションカメラが欲しい度MAXなだけに楽しみすぎる!!3万くらいで出してくれ!!

Unleash Your Other Side

As the market leader in easy-to-fly drones and aerial photography systems, DJI quadcopters like the Phantom are the standard in consumer drone technology.

合わせて読みたい関連記事はコチラ

 

オススメSIMフリースマートフォンBEST3

HUAWEI nova lite 3

Socに最新のKirin710を搭載しつつリーズナブルな価格設定を実現。しずく型小型ノッチに縦長比率を採用した6.21インチの大型ディスプレイはトレンド感満点。高品質なデュアルレンズカメラも搭載しているので、写真が好きな人にもオススメです!

Huawei Mate 20 Pro

世界最高評価を受けているカメラに有機ELの大画面を搭載。Socにも最新のKirin980を搭載し、まさに非の打ち所のない、フラッグシップモデルの一つ。AI機能の進化を体感できる一台でもあり、多少高くても最高性能を求めている人にオススメです。

Xiaomi Pocophone F1

最高性能のSocであるSnapdragon845を搭載するコストパフォーマンス世界一のスマートフォン。同じ価格帯でここまで性能の高いモデルは他に無いと断言できます。アップデートにより進化をし続けているのもこの端末の大きな特徴。ゲームをするにも写真を撮るにも最高の一台です。

Copyright© ハイパーガジェット通信 | SIMフリースマートフォン/iPhone/タブレット/充電器/便利グッズ , 2019 All Rights Reserved.