独占禁止法容疑でインドのGoogleに調査。独占禁止って言ったってねぇ・・・

投稿日:

インドのGoogleは、独占禁止法の疑いで現在国の調査を受けています。

その理由としては、Androidの場合はChromeブラウザがデフォルトでプリインストールされていて、そこで使われる検索エンジンは当然Google。OSとブラウザ、検索エンジンとの紐づけがあまりに直線状にあるので、そこが独占禁止法に引っかかってしまうとのこと。

ちなみに今回独占禁止法の容疑がかけられたインドにおけるiPhoneのシェア率はたったの1%程度。日本では考えられませんよね。つまりそれだけAndroidの影響が大きいということです。ちなみに独占禁止法に関しては、インドだけでなくヨーロッパでも同様の調査を受けています。

パソコンの場合は、デフォルトだったIEが問題起こしまくりで自ら消えていった印象(今はedgeになって改善されましたが)があります。まあしかしBingなんてそもそも誰も使ってないし、edgeの表示速度が明らかに早なりセキュリティ面も改善されたからって、メインで使ってるブラウザはChromeです。

そうなると別にブラウザどうこうなんて関係なくて、結局ユーザーが自らGoogleを自ら選んで使ってるんだから、結局は独占禁止法で取り締まったところで何も変わらないはず。

楽天なんてポイント還元までしてサーチエンジンに誘導しようとしてるけど、それでも誰も使ってません。企業努力の集大成が独占禁止法に抵触するというのは何とも気の毒というか、大きなジレンマですね。

合わせて読みたい関連記事はコチラ

オススメSIMフリースマートフォンBEST3

HUAWEI nova lite 3

Socに最新のKirin710を搭載しつつリーズナブルな価格設定を実現。しずく型小型ノッチに縦長比率を採用した6.21インチの大型ディスプレイはトレンド感満点。高品質なデュアルレンズカメラも搭載しているので、写真が好きな人にもオススメです!

Huawei Mate 20 Pro

世界最高評価を受けているカメラに有機ELの大画面を搭載。Socにも最新のKirin980を搭載し、まさに非の打ち所のない、フラッグシップモデルの一つ。AI機能の進化を体感できる一台でもあり、多少高くても最高性能を求めている人にオススメです。

Xiaomi Pocophone F1

最高性能のSocであるSnapdragon845を搭載するコストパフォーマンス世界一のスマートフォン。同じ価格帯でここまで性能の高いモデルは他に無いと断言できます。アップデートにより進化をし続けているのもこの端末の大きな特徴。ゲームをするにも写真を撮るにも最高の一台です。

Copyright© ハイパーガジェット通信 | SIMフリースマートフォン/iPhone/タブレット/充電器/便利グッズ , 2019 All Rights Reserved.