Xiaomi Mi Band 4はカラーディスプレイにNFC機能を搭載するらしいぞ!

Pocket
Facebook にシェア

6/11にXiaomiがリリースした製品は以下の通り

Xiaomi Mi Band 4は『カラー有機EL/6軸センサー搭載』で2,700円~!コレ利益出てるの?

続きを見る

Amazfit Verge 2は『Apple Watch Series 4』を超えたかも?15,500円~ウソでしょ?

続きを見る

AmazFit Bip 2は『心電図搭載で命を守る時計』11,000円〜

続きを見る

XiaomiがAI対応スマートスピーカーを2モデルリリース。2,700円~

続きを見る

Mi Band 4をかざしてロック解除!Xiaomi Look Classic 2Sは超高性能なスマートロック

続きを見る

Xiaomiの大人気スマートウォッチ『Mi Band3』。世界での販売累計数は1000万台以上。あまりの人気で日本でも代理店を介して販売されています。そのMi Band3も発売から1年が経過し、後継機種となる『Mi Band4』の情報がリークされました。

Mi Band4はすでにMi Band4はBluetoothの認証を通過しており、バージョンは5.0へとアップデート。元々長時間駆動がウリでしたが、最新規格へのアップデートで電力効率はさらに良くなります。NFCも搭載予定ですが、日本ではFelicaを搭載しないとこの機能は無用の長物。中国などでは決済機能が使えるのに何とも歯がゆいです。

バッテリー容量は110mAhから135mAhに増量。増量に伴い、何とディスプレイは有機ELのカラー仕様に進化!これは意外!そして嬉しい!

レンダリング画像を見る限り、デザインはMi Band 3と大きく変わらないようにも見えます。元々完成度が非常に高いので、ディスプレイがカラーになり、機能性が他の部分で向上すれば文句なしです!欲を言えば価格も同程度で出してほしい・・・

Xiaomiはウェアラブル市場のシェアが現在世界第2位。最新モデルのリリースで1位のAppleにさらに肉薄しそうです。

合わせて読みたい関連記事はコチラ

情報を深堀したい人はココから検索

オススメSIMフリースマートフォンBEST3

Xiaomi POCO F2 Pro

最高性能Soc『Snapdragon 865』を搭載し、1年半以上の長い月日をかけて復活を果たした、Xiaomiのサブブランド『POCO』のフラッグシップモデル『POCO F2 Pro』。『ポップアップカメラ』を搭載し、有機ELの全面ディスプレイデザインを採用。さらにズーム機能を持つ『スーパーマクロ』カメラにより、他のスマートフォンでは撮る事の出来ない、感動的な世界を堪能出来ます。最高の処理能力とデザイン、そしてカメラを併せ持つ、コスパ最強モデル。

Xiaomi Mi Note 10

『1億800万画素カメラ』『光学5倍ズーム』という、世界最高スペックとなるカメラ機能を搭載する『Xiaomi Mi Note 10』。ハード面を大幅に強化したことにより、これまでのスマートフォンとは別次元の描写が可能に。デュアル4軸光学式手ブレ補正により、写真だけでなく動画の画質も向上。カメラ機能を重視したい人には迷わず買って欲しい、モンスターカメラスマホ。

OnePlus 7T Pro

Androidの帝王『OnePlus 7 Pro』に『Snapdragon 855 Plus』が搭載され、更に処理速度がアップ。6.67インチの巨大なディスプレイは『90Hz』の高速表示に対応。カメラ画質も世界トップクラスの評価を受けています。デザインも洗練され、全てにおいて完璧なのがOnePlus 7 Pro。このスマートフォンで満足出来ない人は恐らくいないはず。

Copyright© ハイパーガジェット通信 , 2020 All Rights Reserved.