HuaweiがMate 30に搭載予定のKirin 985の試作を完了

投稿日:

Qualcommは今後リリース予定のSnapdragon 865のベースバンドを5Gにする予定。そしてQualcomm最大のライバル、HuaweiのHiSiliconも5GをベースにしたSocを開発中。次にリリースを予定している最新Socは『Kirin 985』です。すでにに試作段階は通過したとの事。

Kirin 985は7nmプロセスに基づきPoP(パッケージオンパッケージ)を採用。実装面積を増やして高さを低減するという最新設計技術を用いる予定。しかし、今年の第三四半期にリリース予定のKirin 985は単体で5Gをサポートすることは出来ず、自社の5G対応チップ『Balong 5000 5G』と組み合わせて扱う必要があります。Kirin 985の搭載が予定されているMate 30にはこの組み合わせが採用されるでしょう。

Kirin 985以降にリリースされるSocはSocと5Gベースバンドを統合し、プラチナバンドもカバー。現在の進捗と電波の強さから、HuaweiとQualcommが5G対応Socは独占状態になると言われています。MediaTekはサブ6GHz帯で動作する5Gのテストベッド端末を今年の終わり頃リリース予定。

Socの進化と共に、我々をとりまく通信技術もさらに進化していきます。来年の今頃はどうなっているのでしょうか!

合わせて読みたい関連記事はコチラ

オススメSIMフリースマートフォンBEST3

HUAWEI nova lite 3

Socに最新のKirin710を搭載しつつリーズナブルな価格設定を実現。しずく型小型ノッチに縦長比率を採用した6.21インチの大型ディスプレイはトレンド感満点。高品質なデュアルレンズカメラも搭載しているので、写真が好きな人にもオススメです!

Huawei Mate 20 Pro

世界最高評価を受けているカメラに有機ELの大画面を搭載。Socにも最新のKirin980を搭載し、まさに非の打ち所のない、フラッグシップモデルの一つ。AI機能の進化を体感できる一台でもあり、多少高くても最高性能を求めている人にオススメです。

Xiaomi Pocophone F1

最高性能のSocであるSnapdragon845を搭載するコストパフォーマンス世界一のスマートフォン。同じ価格帯でここまで性能の高いモデルは他に無いと断言できます。アップデートにより進化をし続けているのもこの端末の大きな特徴。ゲームをするにも写真を撮るにも最高の一台です。

Copyright© ハイパーガジェット通信 | SIMフリースマートフォン/iPhone/タブレット/充電器/便利グッズ , 2019 All Rights Reserved.