Oppo A9の改良モデル『Oppo A9x』が5月22日から発売開始

Pocket
Facebook にシェア

OppoがすでにリリースされているOppo A9の改良モデル『Oppo A9x』をリリースしました。

Oppo A9xは6.53インチの大画面を採用。ノッチは小さめな水滴タイプ。ノッチの小型化に加えベゼルがかなり削られているので、画面占有率は90.7%とかなり高めになっています。解像度はフルHD+。

Socには12nmプロセスで作られた最新のMediaTek Helio P70が搭載されていて、Antutuのベンチマークスコアは15万越え。これはPixel 3aに搭載されている、Snapdragon 670に迫る高いスコアです。

 

また、ミッドレンジモデルに搭載されているSocで一番人気のSnapdragon 660は凌ぐレベルに。PC Mark Work 2.0では1ランク上の実力を見せつけています。

また、Oppo A9xはカメラにかなり力を入れていて、メインレンズは4800万画素の超高解像度に対応し、F値は1.7とミッドレンジ搭載のものとしてはかなり明るい部類。数値が小さくなる程光の取得できる量は増え、ボケも綺麗に出すことが出来ます。

最近のスマホ高解像度化は画像の容量が単純に大きくなるというデメリットがあり、画質が悪ければ高解像度化など不要。Oppo A9xに関しては明るいレンズを使用していることや、Oppo自体がカメラにかなり力を入れているメーカーなので、ただ容量の大きな写真しか撮れないといった心配はあまりしなくて良さそうです。

バッテリー容量は4,020mAhと大き目で、充電に関してはOppo独自の急速充電技術『VOOC 3.0』に対応します。

Oppo A9xは5月22日から、6GB/128GBモデルが31,500円程度で購入予定。スペックから安定したミッドレンジであることはよく分かりますが、価格で言えば少し高目な印象ですね。もちろんiPhoneやPixelと比較すると十分安いですけど・・・

合わせて読みたい関連記事はコチラ

 

 

 

情報を深堀したい人はココから検索

オススメSIMフリースマートフォンBEST3

Xiaomi POCO F2 Pro

最高性能Soc『Snapdragon 865』を搭載し、1年半以上の長い月日をかけて復活を果たした、Xiaomiのサブブランド『POCO』のフラッグシップモデル『POCO F2 Pro』。『ポップアップカメラ』を搭載し、有機ELの全面ディスプレイデザインを採用。さらにズーム機能を持つ『スーパーマクロ』カメラにより、他のスマートフォンでは撮る事の出来ない、感動的な世界を堪能出来ます。最高の処理能力とデザイン、そしてカメラを併せ持つ、コスパ最強モデル。

Xiaomi Mi Note 10

『1億800万画素カメラ』『光学5倍ズーム』という、世界最高スペックとなるカメラ機能を搭載する『Xiaomi Mi Note 10』。ハード面を大幅に強化したことにより、これまでのスマートフォンとは別次元の描写が可能に。デュアル4軸光学式手ブレ補正により、写真だけでなく動画の画質も向上。カメラ機能を重視したい人には迷わず買って欲しい、モンスターカメラスマホ。

OnePlus 7T Pro

Androidの帝王『OnePlus 7 Pro』に『Snapdragon 855 Plus』が搭載され、更に処理速度がアップ。6.67インチの巨大なディスプレイは『90Hz』の高速表示に対応。カメラ画質も世界トップクラスの評価を受けています。デザインも洗練され、全てにおいて完璧なのがOnePlus 7 Pro。このスマートフォンで満足出来ない人は恐らくいないはず。

Copyright© ハイパーガジェット通信 , 2020 All Rights Reserved.