サヨナラ『Android』、ハジメマシテ『ARK OS』がめちゃくちゃ現実的だった

更新日:

Pocket

朝からSNSやメディアには一面『Huawei』の文字。ついに事態は動き出しました。

アメリカが『今後Huaweiにサービス提供することを禁止する』という声明を発表し、それに準じてAndroid OSを提供しているGoogleとHuaweiの関係が引き裂かれました。これには日本中というか、世界中が大騒ぎに。

今後新しく出るHuawei端末ではGoogle Playが使えなくなる

Googleが開発用途で世界中に提供しているAndroid Open Source Project(AOSP)はこれまで通り使えますが、ライセンス契約が必要なGoogle PlayやGメールといったサービスの利用許可が今後Huaweiにはおりないことに。

マーケットが使えなくなるということは、つまり実質的に日本国内では、アメリカが規制をとかない限り、Huaweiのニューモデルは発売されなくなる可能性が非常に高い。と、思っていました。

中国では元々Google Playが使われていない

しかしこれだけ世界に衝撃が走っているにも関わらず、当のHuaweiはあまり食らってる感が無いのです。直近の代表者へのインタビューでも、現状への回答は『成長が少し遅くなるかも?』程度のもの。緩い!!

全く食らってないということはまああり得無いのですが、中国国内で絶対的なシェアを持つHuawei。その中国において、すでにGoogle Playは利用されておらず、自前の『AppGallery』がメインに。中国ではAmazonが使われずAlibaba。これと同じ構図ですね。

すでにHuaweiのアプリストアはGoogleを超えていた

また、独自ストア『AppGallery』が急成長。2018年上半期のダウンロード数は1200億。次いでGoogleが360億。最後にAppleのApp Storeが160億となっています。何これ圧倒的じゃねえか・・・。

現在HuaweiのOSは、AndroidをベースとしたEMUI。これには前述したオープンソースが使われているので今後も恐らく支障はきたさないでしょう。

Huaweiの独自OS『ARK OS』はすでに開発済みとのこと。残るはアプリとの紐付けと、マーケットのセキュリティ向上。そしてGoogle純正アの代替えアプリをしっかり用意する事ですね。

すでにGoogleの力など必要無くなっていた?

もしかして、GoogleがHuaweiに三行半をつきつけた感じになってますけど、もうとっくに水面下で両社の関係は終わっていたのでは。というかHuaweiのアプリマーケットシェアがここまで拡大していたことを知りませんでした。Fire OSなんかとはもはや比較になりません。

これはもう第3のOS誕生間近。さようならAndroid。ようこそARK OS。

合わせて読みたい関連記事はコチラ

情報を深堀したい人はココから検索

オススメSIMフリースマートフォンBEST3

OnePlus 7 Pro

『処理性能』『ディスプレイ性能』『カメラ性能』『ストレージ性能』など、全てにおいて最高のスペックを求めたい。そんな人を満足させてくれるスマートフォンです。OnePlusというメーカーは、最高スペックのフラッグシップモデルしか作ったことがありません。至高のメーカーが作る至高のスマートフォン。これで満足出来ない人、次はありませんよ。

Xiaomi Mi 9

Snapdragon855を搭載するXiaomiブランドの代表的なフラッグシップモデル。トリプルレンズに進化したカメラはF値の変更が可能となり、これまで以上に最高の画質を追求することが可能に。有機ELディスプレはダークモードに対応し、省電力とクールな見た目を実現します。性能だけじゃなく見た目も最高。これまでに見た事が無い美しさ。

Asus Zenfone 6

『自撮りスマホ』を新たなカテゴリーとして定義したAsusのフラッグシップ機『Zenfone 6』。女性から絶大な支持を受け、現在世界で売り切れ状態に。リアカメラを自動回転させることで世界最高画質で自撮りが出来る!ユーチューバーやインスタグラマーにもオススメです。勿論フラッグシップモデルなので処理能力も抜群。あらゆる面で大活躍しそうな1台です。

Copyright© ハイパーガジェット通信 , 2019 All Rights Reserved.