Xperia 1が競合ひしめく中国でリリース!『SONYサイズ』を浸透させられるかが勝負

Pocket
Facebook にシェア

SONY Mobileは本日、中国で行われたイベントの中でフラッグシップモデル『Xperia 1』をリリースしました。

Xperia 1の登場により、前シリーズとなる『XZシリーズ』は終息。シリーズが切り替わった事で、あまり良い結果を残すことが出来なかった、XZシリーズのイメージを払拭することが出来るか。

Xperia 1は21:9の独自比率、一世を風靡した『Xperia Z Ultra』のような 『SONYサイズ』のディスプレイを採用。この比率は情報領域の増加により分割画面表示が実用的になり、Netfrixはほぼ全ての動画を黒縁なしで視聴することが可能です。

性能面では普通のフラッグシップモデルですが、とにかく長いこのサイズは、Xperia Z Ultraと同様に中毒者を量産する可能性アリ。

長いディスプレイの代名詞、Galaxy S10 Plusと比較してもこんなに違う!

最近はスペックを詰め込むことに躍起になり、筐体サイズが大きく、そして重くなっていたXperia XZシリーズ。弁当箱と揶揄されたことも。今シリーズはスッキリダイエットしたことにより、イメージの回復を目指します。

Xperia 1でSONYサイズ中毒者が急増しそうな予感。魔性の縦長画面を徹底解析!

続きを見る

しかし問題なのは価格設定。国内では10万を超えたのでグローバルでもソコソコの価格になるだろうとは予想していましたが・・・中国での発売価格は10万円程度。

最近リリースされたフラッグシップ機がコチラ。サイズ以外は正直Xperia 1が負けていると思います。

ZenFone 6 61,500円~

ASUS Zenfone 6のフリップカメラが凄すぎる!前後切り替えに加え自動追尾やフリーアングル撮影機能まで!

続きを見る

OnePlus 7 Pro 73,000円~

OnePlus 7Proは『カメラ』『ディスプレイ』『ストレージ』『Soc』が全て世界トップクラス。それなのに7万円台という奇跡が起きた。

続きを見る

Red Magic 3 48,000円~

Red Magic 3は冷却機能を極限まで追求。その結果スマホ世界一の称号を得る。

続きを見る

Lenovo Z6 Pro 48,000円~

Lenovo Z6 ProはXiaomiすら脅威となる、怖すぎる『ホラースマホ』だった

続きを見る

うーん。かなりの開き。サイズ感だけで戦うのはあまりに無謀です。Xperiaはここ最近販売台数が激減し、SONY Mobileは大赤字に。

SONY Xperiaの出荷台数が半減。損失額は1000億円に

続きを見る

予算も無ければ量産体制も無い。となると価格をあげざるを得ません。何とも厳しい状況なのは確か。Xperiaに起死回生は訪れるのか!

合わせて読みたい関連記事はコチラ

情報を深堀したい人はココから検索

オススメSIMフリースマートフォンBEST3

Xiaomi POCO F2 Pro

最高性能Soc『Snapdragon 865』を搭載し、1年半以上の長い月日をかけて復活を果たした、Xiaomiのサブブランド『POCO』のフラッグシップモデル『POCO F2 Pro』。『ポップアップカメラ』を搭載し、有機ELの全面ディスプレイデザインを採用。さらにズーム機能を持つ『スーパーマクロ』カメラにより、他のスマートフォンでは撮る事の出来ない、感動的な世界を堪能出来ます。最高の処理能力とデザイン、そしてカメラを併せ持つ、コスパ最強モデル。

Xiaomi Mi Note 10

『1億800万画素カメラ』『光学5倍ズーム』という、世界最高スペックとなるカメラ機能を搭載する『Xiaomi Mi Note 10』。ハード面を大幅に強化したことにより、これまでのスマートフォンとは別次元の描写が可能に。デュアル4軸光学式手ブレ補正により、写真だけでなく動画の画質も向上。カメラ機能を重視したい人には迷わず買って欲しい、モンスターカメラスマホ。

OnePlus 7T Pro

Androidの帝王『OnePlus 7 Pro』に『Snapdragon 855 Plus』が搭載され、更に処理速度がアップ。6.67インチの巨大なディスプレイは『90Hz』の高速表示に対応。カメラ画質も世界トップクラスの評価を受けています。デザインも洗練され、全てにおいて完璧なのがOnePlus 7 Pro。このスマートフォンで満足出来ない人は恐らくいないはず。

Copyright© ハイパーガジェット通信 , 2020 All Rights Reserved.