Huawei独自OSはAndroidと互換性ありでリリース間近!これはいけるぞ!

投稿日:

Pocket

今週というか、ハイテク業界において当面で最も大きなニュースとなるであろう、トランプ政権主導によるGoogleがHuaweiに行ったAndroidライセンス剥奪問題。当たり前の事ながら市場はまだ安定を取り戻していません。

このニュースが発表されたあと、多くの人がHuaweiは今後、Androidのオープンソース(誰でも使えるOS開発単体のソース。Google PlayやGメールといったサービスは含まない)を使ってこれまで通りOSを構築(EMUIはAndroidベース)すると考えていました。しかしGoogleが著作権を持つGoogle PlayやGメールといったサービスは使えなくなるので、これまで通りにはいきません。

Huawei独自OSはスマートフォン以外の様々な環境に対応

Huaweiは2012年から自社のOS開発に取り組んでいます(Kirin OSではなくホンメン?)。Huawei Consumer Business GroupのCEOであるRichard Yu氏によると、それはスマートフォンに限らず『パソコン』『車』『ウェアラブル』『テレビ』といった様々な環境で動作。

Huawei独自OSはAndroidとの互換性あり

しかもここからがかなり重要で、このOSはAndroidアプリケーションと互換性があり、さらにパフォーマンスを上げる為にコンパイルも可能。これ、まじでイケると思います。

GalaxyのTizenは独自OS開発に失敗しました。これは、Androidとの互換性が無かったことにより、サードパーティが行うアプリの開発に負荷がかかりすぎたことが原因とされています。HuaweiのOSとは根本からして違ったということです。

Huawei独自OSはすでにリリース段階に

Huaweiはすでに独自OSのリリース準備をすすめており、中国国内ですでにテストを行う段階にまで到達しています。

Androidアプリとの連携がスムーズと分かった今、これは期待せずにはいれません。独自のアプリストア『App Gallery』ではすでにGoogle Playを上回るシェアを獲得。

これは今年中にとんでもない事が起こりそうです。一番食らうのは間違いなくGoogleですね。

合わせて読みたい関連記事はコチラ

情報を深堀したい人はココから検索

オススメSIMフリースマートフォンBEST3

OnePlus 7T

『Snapdragon 855 Plus』『3眼カメラ』『90Hzディスプレイ』の採用と、前モデルから大幅なアップデートを果たした『OnePlus 7T』。スマートフォントップクラスの性能を持ちながら価格は据え置かれ、コスパナンバーワンモデルに。しかしあまりに人気が出過ぎて世界中で品薄状態。持ってるだけで大注目される、世界屈指のフラッグシップです。

Xiaomi Mi Note 10

『1億800万画素カメラ』『光学5倍ズーム』という、世界最高スペックとなるカメラ機能を搭載する『Xiaomi Mi Note 10』。ハード面を大幅に強化したことにより、これまでのスマートフォンとは別次元の描写が可能に。デュアル4軸光学式手ブレ補正により、写真だけでなく動画の画質も向上。カメラ機能を重視したい人には迷わず買って欲しい、モンスターカメラスマホ。

OnePlus 7T Pro

Androidの帝王『OnePlus 7 Pro』に『Snapdragon 855 Plus』が搭載され、更に処理速度がアップ。6.67インチの巨大なディスプレイは『90Hz』の高速表示に対応。カメラ画質も世界トップクラスの評価を受けています。デザインも洗練され、全てにおいて完璧なのがOnePlus 7 Pro。このスマートフォンで満足出来ない人は恐らくいないはず。

Copyright© ハイパーガジェット通信 , 2019 All Rights Reserved.